野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • パ・リーグ
  • ショートスターターも登場、何人が先発に? パ先発投手と最多先発登板を振り返る

ショートスターターも登場、何人が先発に? パ先発投手と最多先発登板を振り返る

誰も踏み入れていないまっさらなマウンドに立ち、試合開始を告げる第1球目を投じる。もちろん、中継ぎやクローザーにもそれぞれの魅力があることは言うまでもないが、先発投手が依然として注目を浴びやすいことは変わらない。今回はパ・リーグ6球団で2019年に先発した投手と、そのなかで最多先発数を誇った投手を挙げ、シーズンを通した各球団の先発事情を考える。

ソフトバンク・千賀滉大(左)、オリックス・山岡泰輔【写真:荒川祐史】
ソフトバンク・千賀滉大(左)、オリックス・山岡泰輔【写真:荒川祐史】

パ・リーグの最多先発はホークス千賀、オリックス山岡の26試合

 誰も踏み入れていないまっさらなマウンドに立ち、試合開始を告げる第1球目を投じる。もちろん、中継ぎやクローザーにもそれぞれの魅力があることは言うまでもないが、先発投手が依然として注目を浴びやすいことは変わらない。今回はパ・リーグ6球団で2019年に先発した投手と、そのなかで最多先発数を誇った投手を挙げ、シーズンを通した各球団の先発事情を考える。

【PR】オフシーズンもプロ野球コンテンツが盛りだくさん! スポーツを観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

※()内は2019年シーズンの先発登板試合数

○西武 13投手

今井達也(22)高橋光成(21)十亀剣(17)ニール(17)本田圭佑(16)松本航(16)榎田大樹(13)多和田真三郎(12)相内誠(2)郭俊麟(2)佐野泰雄(2)武隈祥太(2)齊藤大将(1)

最多先発:今井達也投手
23試合7勝9敗 135.1回 105奪三振 防御率4.32

 西武では、13人の投手が先発のマウンドに立った。投手陣に苦しむ印象でありながらも、意外なことに先発投手13人はリーグ最少。2018年最多勝に輝いた多和田の離脱が響き、先発ローテーションの固定はならなかったが、少ない先発投手でシーズンを戦い抜いた。また、シーズン中盤からはニール投手が破竹の11連勝。9月の月間MVPを獲得する救世主的な活躍で、チームをパ・リーグ制覇に導いた。

 チーム最多先発は3年目の今井。5月5日の試合では9回を3安打無失点に抑える完璧な投球を披露して、自身初の完封勝利を記録。同じくして「令和初」の完封勝利投手となった。シーズン通算で7勝9敗と負け越してしまったものの、課題は明確。リーグ2位の72与四球と今季苦しんだ制球力を改善し、2020年の西武投手陣をけん引したい。

○ソフトバンクホークス 15投手

千賀滉大(26)高橋礼(23)ミランダ(18)大竹耕太郎(17)武田翔太(12)和田毅(12)二保旭(8)東浜巨(7)松本裕樹(7)スアレス(6)バンデンハーク(3)泉圭輔(1)椎野新(1)中田賢一(1)松田遼馬(1)

最多先発:千賀滉大投手
26試合13勝8敗 180.1回 227奪三振 防御率2.79

 15人の投手が先発のマウンドに立ったソフトバンク。プロ2年目にして早くも自身初の2桁勝利を達成した高橋礼から、ベテランの和田、助っ人のミランダまで多種多様な投手が先発登板しており、選手層の厚さが見受けられる。4月には大竹が4試合に先発して1完投を含む防御率0.86の圧倒的な成績を残した。中盤以降は失速してしまったが、来季の活躍次第では、より強力な先発投手陣が形成されるだろう。

 最多登板はエースの千賀。開幕戦で自己最速の161キロを計測すると、伝家の宝刀であるフォークにカットボールを加え、さらに進化。9月6日には育成出身選手としては初となるノーヒットノーランを達成。また、自己最多の227奪三振を記録し、文句なしで最多奪三振のタイトルを獲得した。

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」