野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

「準備が大事」―巨人岡本の“復調”を手助け、最強助っ人クロマティ氏が伝えたこと

巨人史上最強助っ人と呼ばれるウォーレン・クロマティ氏。今季は球団のゲストとして若手を打撃指導し、“存在感”を見せた。巨人は日本シリーズでソフトバンクに敗れ、日本一はならなかったものの、5年ぶりにリーグ制覇を達成。クロマティ氏はFull-Countのインタビューに対して「満足しています」と明かす。

「いい選手になるにはいい聞き手である必要があります」

「岡本さんの問題は去年の大ブレークによるものでした。昨季は打率3割。多くのプレッシャー、多くの期待を感じていました。彼にとって、私の意見は全く新しいものでした。打撃練習、準備、打撃練習、そして、準備、そして、試合に入る。彼は若い。パワーがある。今や日本でトップ5のパワーヒッターかもしれない。
 
 岡本さんには彼のパワーに集中してほしかった。センター方向、右中間方向にライナーを飛ばす。パワーヒッターは反対方向に飛ばすパワーを示すべきです。そこに集中する。彼は私の計画、私の指導を受け入れてくれた。それは大事なことです」

【動画】メジャーも注目? “超人ギータ”が驚愕のパワーを披露! 悠々バックスクリーンへ消える鷹・柳田の爽快特大弾

 持っている能力、パワーに疑いの余地はない。あとはそれをどう生かすか。クロマティ氏が伝えたのは、その部分だった。そして、それを岡本が「受け入れた」ことも大きかったと強調する。

「時には、聞く耳を持たない選手もいます。人の意見に全く耳を傾けない。話をしたとしても、右から左に聞き流してしまう。岡本さんは全てを受け入れてくれた。彼の出した結果にはすごく満足しています。野球に限りません。どのスポーツでも、いい選手になるにはいい聞き手である必要があります。いい生徒でなければいけない。岡本さんは生徒として優秀でした」

 巨人史上最強助っ人として球団史に名を刻むクロマティ氏。ブレーク翌年も結果を残した岡本の“学ぶ姿勢”も絶賛し、さらなる成長に期待していた。

(Full-Count編集部)

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」