野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

「準備が大事」―巨人岡本の“復調”を手助け、最強助っ人クロマティ氏が伝えたこと

巨人史上最強助っ人と呼ばれるウォーレン・クロマティ氏。今季は球団のゲストとして若手を打撃指導し、“存在感”を見せた。巨人は日本シリーズでソフトバンクに敗れ、日本一はならなかったものの、5年ぶりにリーグ制覇を達成。クロマティ氏はFull-Countのインタビューに対して「満足しています」と明かす。

巨人OBのウォーレン・クロマティ氏と篠塚和典氏の特別対談が実現【写真:荒川祐史】
巨人OBのウォーレン・クロマティ氏と篠塚和典氏の特別対談が実現【写真:荒川祐史】

6月からゲストとして巨人で若手を指導、復調した岡本の良さはどこに?

 巨人史上最強助っ人と呼ばれるウォーレン・クロマティ氏。今季は球団のゲストとして若手を打撃指導し、“存在感”を見せた。巨人は日本シリーズでソフトバンクに敗れ、日本一はならなかったものの、5年ぶりにリーグ制覇を達成。クロマティ氏はFull-Countのインタビューに対して「満足しています」と明かす。

 特に大きな変化を見せたのが、4番の岡本和真内野手だった。昨季、全143試合に出場して打率.309、33本塁打、100打点と「3割・30本塁打・100打点」を記録した若き主砲は、5月は打率.255、2本塁打、13打点、OPS(出塁率+長打率).639と成績を落とした。しかし、クロマティ氏が打撃指導を始めると、6月は打率.282、6本塁打、12打点、OPS.899と復活。結局、シーズン成績では打率こそ.265と落ちたものの、31本塁打、94打点と警戒される中で2年続けて同等の数字を刻んだ。

 いったい、クロマティ氏は何を岡本に伝えたのか。岡本の打者としての良さはどこにあるのか。

「オカモトさんはまだ若い。23歳です。私の指導としては打撃においては準備が大事ということを伝える。プランニング、そして、集中です。日本の打撃指導ではメンタルの部分を教えることはあまりありませんが、打撃に関してはメンタルが非常に重要。毎日修正しなければいけません」

 クロマティ氏は岡本への打撃指導をこう振り返る。ブレーク翌年、多くの期待、重圧がかかる中で巨人の4番として結果を残すのは、決して簡単ではない。そのメンタル面をクロマティ氏は“整備”したというのだ。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」