仙台育英が選抜に向け始動! 147キロ1年左腕が決意「日本一、エースを奪い取る」

年始の行事で須江航監督(中央)の話を聞く仙台育英ナイン【写真:高橋昌江】
年始の行事で須江航監督(中央)の話を聞く仙台育英ナイン【写真:高橋昌江】

田中祥都主将も決意「日本一になるために必要なことを毎日考え続ける1年間にしたい」

 昨秋の東北大会で優勝し、今春のセンバツに出場が有力な仙台育英が5日、2020年のスタートを切った。宮城・塩釜市の塩釜神社で祈祷を受け、多賀城市のグラウンドまでランニング。室内練習場で必勝安全祈願と餅つきをした後、決意表明をして始動した。

 1週間の休みを経て、この日、塩釜神社に集合した仙台育英ナイン。田中祥都主将(2年)は「みんないい顔をしていたので、いい休みだったんだと思います」と笑顔を見せた。塩釜神社では参拝客から「頑張ってね」などと激励、そして握手を求められ注目度や期待感を肌で感じた様子。祈祷を終えると制服からジャージに着替え、多賀城市のグラウンドまでランニングした。父母らが待つ中、各々がゴールテープを切ると、室内練習場に集合。必勝安全祈願では、だるまの目入れなどを行った。

 昨秋は3番・宮本拓実(2年)や4番・入江大樹(2年)ら夏の甲子園8強の経験者を中心に高い攻撃力を発揮。140キロ超えの6投手や変則投手を擁し、試合を経るごとに成長を見せた。県大会で8連覇を達成すると、東北大会は3年ぶりに優勝。明治神宮大会では初戦で天理(奈良)に6-8で敗れたが、冬場の練習の糧としてきた。田中主将は「自分の長所と短所を見つけ、また見極め、何が必要かを見える形で練習に取り組めています」と手応えを感じている。

 必勝安全祈願の後には餅つきをし、雑煮などで腹ごしらえ。その後、書き初めを披露した。多かったのは「挑」や「挑戦」、「覚悟」。そして、「日本一」への思いを表したものも。4番・入江は今年からメジャーに挑む筒香嘉智外野手(レイズ)や昨季の首位打者でパ・リーグMVPの森友哉捕手(西武)が中学時代にプレーした堺ビッグボーイズの出身。「自分が仙台育英に入学を決めた理由でもある、東北で初の甲子園優勝をみんなで叶えたいです」と、関西から追ってきた夢に願いを込めて「叶」と筆を走らせてきた。

最速147キロ左腕・笹倉は「エースを向坂さんから奪い取る」

RECOMMEND

RELATED

CATEGORY