野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

味方の援護に恵まれたのは誰? リリーバー“救援勝利”の価値を紐解く

先発投手と異なり、リリーフ投手にとっての「勝ち数」は、ネガティブなイメージを持たれてしまうことも少なくない。リードを守ることに失敗した直後に味方が逆転した場合も勝利投手の権利が得られることが、その主な理由だろう。

ロングリリーフとして登板が多い投手ほど援護が多い?

5個:6名
平井克典投手(西武)
ハーマン投手(楽天)
ロドリゲス投手(日本ハム)
酒居知史投手(ロッテ)
唐川侑己投手(ロッテ)
椎野新投手(ソフトバンク)

【PR】反省から飛躍へのきっかけに リーグ連覇のキーマン・巨人桜井が明かしたDAZN(ダゾーン)活用法

4個:9名
堀瑞輝投手(日本ハム)
森原康平投手(楽天)
ブセニッツ投手(楽天)
増田達至投手(西武)
小川龍也投手(西武)
近藤大亮投手(オリックス)
エップラー投手(オリックス)
益田直也投手(ロッテ)
田中靖洋投手(ロッテ)

 以上のように、5個の差がついた投手は6名。この中ではハーマン投手と酒居投手が2020年から新たなチームでプレーすることが決まっており、両投手がそれぞれ新天地で見せる投球内容と、前年同様の援護を受けられるかどうかにも注目だ。

 いわゆる「オープナー戦術」を積極的に採用していた日本ハムでは、ロドリゲス投手と堀投手の2人がランクインしている。先発登板して4回までにマウンドを降りた試合で白星がつくことはないが、両投手はもちろんリリーフとして複数イニングを投じるケースもあった。また、チームは違えど椎野もロングリリーフ起用が多かった投手であり、やはり投げるイニングが長い投手のほうが、援護が得られる可能性は高いようだ。

 4個以上の差がついた投手をリーグ最多の4人輩出したのはロッテで、楽天と西武が3人でそれに続いている。これらの3チームはチームの年間得点数のトップ3でもあり(西武が1位、ロッテが2位、楽天が3位)、やはり試合終盤に打線がより多くの援護をもたらしていたようだ。

 ロッテはシーズン序盤に勝ちパターンを担った酒居と唐川、比較的ビハインドでの登板が多かった田中、守護神の益田と、さまざまな役割の投手が多くの救援勝利を挙げていた。それに対し、西武は小川、平井、増田、楽天はハーマン、ブセニッツ、森原と、それぞれチームの勝ちパターンを担った投手が白星を積み重ねていた。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」