野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

期待され続け7年目 鷹・上林、覚醒へ胸中激白「バリバリやってなきゃおかしい」

バレンティンの加入で競争がさらに激化しているソフトバンクの外野手争い。その中で虎視淡々とレギュラーの座を狙う男がいる。ファンからの人気も期待も高い、上林誠知外野手だ。昨季は右手甲の骨折もあり、不本意な1年に終わっただけに、今季に賭ける思いは人一倍強い。

ソフトバンク・上林誠知【写真:福谷佑介】
ソフトバンク・上林誠知【写真:福谷佑介】

12月末に周囲を騒がせた異例の文書での契約更改となった真相は…

 バレンティンの加入で競争がさらに激化しているソフトバンクの外野手争い。その中で虎視淡々とレギュラーの座を狙う男がいる。ファンからの人気も期待も高い、上林誠知外野手だ。昨季は右手甲の骨折もあり、不本意な1年に終わっただけに、今季に賭ける思いは人一倍強い。

【PR】NPB11球団の試合を徹底中継 ソフトバンク戦観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 2月1日から行ってきた宮崎での春季キャンプでは連日、フォームを試行錯誤しながら、バットを振り込む上林の姿があった。しっかりと“間”を作るためにスローボールを打ち返す練習を数多くこなしていた。キャンプ終盤には風邪による発熱があり離脱。ファームでの出直しを強いられたものの、13日のオープン戦から1軍に戻ってきた。

 復帰1打席目で左翼フェンス直撃の二塁打を放つと、翌14日には2安打と快音を響かせた。走塁面でも好走塁を見せ、出遅れた分を取り返そうと、走攻守で懸命にアピール。「目立って自分を使った方が試合に勝てるという印象を与えないといけない。全ての面で、守備もそう、足もそう、打撃もそう。コイツを使ったらいい流れが来ると思わせたい」と語る口調には熱がこもった。

 レギュラー定着を期待され、今季が7年目。2018年には143試合に出場して22本塁打を放ち、右翼のポジションを確固たるものにしたかに思われた。だが、昨季序盤に右手甲に死球を受けて骨折。当初は打撲と診断され、痛みを押してプレーを続けたが、その痛みによって打撃が崩された。99試合で打率.194と不本意な結果に終わり、手にしかかっていたレギュラーの座は遠のいていった。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」