野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • 高校野球
  • 「僕の人生が変わった」 元G左腕が“幻のセンバツ”に泣いた球児に寄せる思い

「僕の人生が変わった」 元G左腕が“幻のセンバツ”に泣いた球児に寄せる思い

甲高い打球音も、大歓声も、甲子園には響かない。春の風物詩が、ひとつ消えた。新型コロナウイルス感染拡大の影響で中止となった第92回選抜高校野球大会。その華やかな舞台で14年前、快投を続けた元左腕は、夢を奪われた球児たちの姿が他人事とは思えない。

現在は父が経営するバス会社で働く尾藤竜一さん【写真:小西亮】
現在は父が経営するバス会社で働く尾藤竜一さん【写真:小西亮】

岐阜城北のエースとして2006年の選抜に出場、後に巨人に育成指名を受けた尾藤竜一さん

 甲高い打球音も、大歓声も、甲子園には響かない。春の風物詩が、ひとつ消えた。新型コロナウイルス感染拡大の影響で中止となった第92回選抜高校野球大会。その華やかな舞台で14年前、快投を続けた元左腕は、夢を奪われた球児たちの姿が他人事とは思えない。

【動画】プレーヤー必見! 遠投やランニング…MLBの“鬼才”バウアーが明かす独自の練習法

 すらりとした体躯に、しなやかな腕の振り。そして、甘いマスク。抜群の制球力と自在の緩急で、春の舞台を席巻する。2006年の第78回選抜高校野球大会。初出場だった公立校の岐阜城北は、実に岐阜県勢47年ぶりとなる4強進出を果たした。その快進撃の立役者こそ、エース左腕の尾藤竜一さんだった。

「あの時は、甲子園に出ることがチームの目標でした」

 尾藤さんはそう振り返る。一関学院(岩手)との1回戦を1安打1失点完投で制すと、智弁和歌山との2回戦では2戦連続の2桁奪三振&完投で中軸として本塁打も放った。「とにかくチームが勢いに乗っていて、不思議な感覚でした」。準決勝で、横浜に敗れるまで4試合すべてに先発し、1完封を含む3完投とマウンドに立ち続けた。

 美男子ぶりも相まって、地元では一躍スターに。「外に出るのがちょっと嫌になるくらいでした」と照れくさそうに思い返す。「全国区の舞台で自分の力を出せたというのが一番うれしかった。通用するんだなって」。野球への向き合い方も変わったといい、プロの世界を夢ではなく、確かな目標として意識するようになった。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」