野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

吹奏楽部員58人がひとつに…野球名門校の“テレワーク演奏”動画の制作秘話

春の高校野球県大会も全国で中止が決定。野球部を応援する吹奏楽部も同じように活動休止となり、応援や公演の機会がなくなっている。そんな中、千葉・船橋市立船橋高校の吹奏楽部がSNSに載せた動画が話題になっている。野球応援などに使用する曲を3年生全員が自宅で収録し、動画を一緒に流すことで演奏する動画を製作した。

パートごとの演奏がそろっていて感動、「鳥肌が立ちました」

「音楽は、言葉が無くても感情を伝え、心で感じることができるんです。わくわくしたり、感動したり、聞いただけでできる。今は人に笑顔や元気を届けたいので、野球などの応援に使う応援歌にしました」

【PR】セ・リーグを代表する選手たちのオリジナルコンテンツも セ界を変えるエネルギーを。「JERA セ・リーグ」特設サイト

 3年生が選んだのはいつもは、野球場などで選手に向かって演奏する曲だった。それを1人で録画して演奏。どんなものが届くのかドキドキしていた。

「まず、パートごとに届いたものを聞いたら、揃っていたことに感動して鳥肌が立ちました。1つ1つのものが集めるだけなので、どうなるかわからなかったので。他のパートと合わせたら嬉しくて涙が出そうになりました」

 編集している間も、会えないみんなで一緒に吹いているみたいで楽しくてしょうがなかったという北奥さん。打楽器など持ち帰れない楽器を担当した部員も、元気に踊り盛り上げることで参加している。

 3年生全員57人に声をかけ、出来上がるまでは1週間という驚きの早さ。「やれることがあるだけでも、幸せなんだと思えました。部員も今はバラバラだけど、こんなことも一緒にできるんだねと前向きになっています」

 そして完成した翌日の4月20日。吹奏楽部の公式アカウントにアップする、と2日間で4万回以上の再生回数があった。他の部活の選手からも「ありがとう」「元気をもらった」とたくさん連絡が来た。「これだけ反響があるとは思っていませんでした。今回取り組んでみて、これもできるかもしれないと思えるようになりました。このまま何も無くなるという不安はなくなりました。なにより、今日やることがある、明日やることがある、それだけで前を向けるんです」

 学校に行けなくても、みんなに会えなくても、うまくいかなくても、仲間と何かを達成する。その目標に一緒に向かう大切な仲間がいる、その絆を感じたことが市船吹奏楽部員を前向きにしてくれた。

 今は第2弾の練習をしているという。オーケストラにダンス、YOSAKOI、次はどんな動画を私たちに届けてくれるのか、楽しみにしたい。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」