野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

  • HOME
  • 高校野球
  • 甲子園
  • 【消えた選抜からの道4】無人のグラウンドにたなびく横断幕 帯広農・前田監督の胸中

【消えた選抜からの道4】無人のグラウンドにたなびく横断幕 帯広農・前田監督の胸中

今春のセンバツに21世紀枠で初出場するはずだった帯広農。無人のグラウンドには「Let's Try Again」の文字が刻まれた横断幕が掲出されている。2度目の休校で再び活動休止を余儀なくされた前田康晴監督(44)に話を聞いた。

帯広農業のグラウンドには「Let's Try Again」の横断幕が掲げられている(写真は4月8日の練習再開時のもの、現在は再び休止中)【写真:学校提供】
帯広農業のグラウンドには「Let's Try Again」の横断幕が掲げられている(写真は4月8日の練習再開時のもの、現在は再び休止中)【写真:学校提供】

気がかりな選手のメンタル「ノートには前向きな言葉を書いていますが…」

 今春のセンバツに21世紀枠で初出場するはずだった帯広農。無人のグラウンドには「Let’s Try Again」の文字が刻まれた横断幕が掲出されている。2度目の休校で再び活動休止を余儀なくされた前田康晴監督(44)に話を聞いた。

少年野球の保護者、指導者の疑問も取材中 解決方法は「Full-Count ROOTS」へ

 農業の教師である指揮官は休校中にも関わらず多忙だ。5月11日の学校再開に備え、例年は農業科学科の生徒と一緒に行っていたメロンやイチゴのビニールハウス設置作業などを手際良くこなしていく。一方で、新入生15人を加えた選手50人に対してのSNSを通じた指導などは敢えて行っていない。「コロナが収束に向かわないと、先の予定が立たない。今はルールを守ってじっとして、収束するのを待とうと決めました」と語る。

 グラウンドの外野フェンスに貼られた5メートル×1.8メートルの横断幕は、今月8日の練習再開に合わせて、前田監督が用意したもの。だが、緊急事態宣言の拡大により20日から再び休校になった。この間、練習できたのは6日間だけ。再び静まり返ったグラウンドを見て、前田監督は幅9メートルの横断幕を新たに発注した。「これは小さ過ぎた。今度はもっと大きくして、いつも見えるような場所に台を作ってその上に貼ろうと思います」。そこには事態が良くなるようにと祈るような思いが込められている。

 今回の休校前最後のミーティングとなった17日、前田監督は春季北海道十勝支部大会が中止になったことを選手に告げた。「3年生は険しい顔をしていました。ノートには前向きな言葉を書いていますが……。『夏の大会で甲子園を目指すには、大会自体が行われないと、目指すことはできない。まず大会をやるために、みんなでルールを守ろう。おとなしくして、体育館にも行ってはいけないよ』という話をしました」と言う。

 自主練習の具体的な指示を出さなかったのは、選手を信頼している証でもある。41日ぶりにも関わらず、今月8日に全体練習を再開した時には「感触は悪くなかった」と言う。選手それぞれが自ら考え、できる範囲で個人練習を継続していたからだ。

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」