野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

2010年春夏連覇の元球児らが無料オンラインスクール開校 未来を担う子供たちへの思い

新型コロナウイルスの影響で春夏の甲子園が中止、そして学校が休校になるなど厳しい状況が続く中、甲子園を沸かせた元高校球児、大学の指導者たちが野球少年、少女たちに向け動き出した。

報徳学園で10年夏の甲子園でベスト4入りした延田寛基さん【写真:本人提供】
報徳学園で10年夏の甲子園でベスト4入りした延田寛基さん【写真:本人提供】

2010年に春夏連覇を果たした興南高校・国吉大陸さんらが講師役を務める

 新型コロナウイルスの影響で春夏の甲子園が中止、そして学校が休校になるなど厳しい状況が続く中、甲子園を沸かせた元高校球児、大学の指導者たちが野球少年、少女たちに向け動き出した。

【PR】セ・リーグを代表する選手たちのオリジナルコンテンツも セ界を変えるエネルギーを。「JERA セ・リーグ」特設サイト

 全ての頑張る球児を応援する無料のオンライン野球スクール「B SPORTS ACADEMIA」を立ち上げたのは延田寛基さん。名門・報徳学園で2010年夏の甲子園でベスト4入りを果たし、中央大学準硬式野球部でも活躍し現在は会社員として働く中、「新型コロナの影響で球児の皆さんの力に少しでもなりたい一心でオンラインという形の野球教室を考えました」と語る。

 高校、大学で知り合った“元高校球児”が延田さんの思いに賛同。2010年に春夏連覇を果たした興南高校で主軸を務めた国吉大陸さん、同年に夏の甲子園ベスト16入りの原動力となった仙台育英の田中一也さん、準決勝で興南・島袋投手と投げ合った報徳学園エース・大西一成さん。そして延田さんの恩師でもある、全日本大学準硬式野球選手権大会で優勝7回の実績を誇る中央大学準硬式野球部監督の池田浩二さんらが講師役を務める。

 高校、大学、そして社会人でもプレーした確かな実績、技術を誇る精鋭たちが集結。現在は社会人として働く人も多く“二足の草鞋”として全員が講師役を務める。

 では、なぜ無料でのオンラインスクールを立ち上げたのか?

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」