野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

ロッテ井口監督、開幕直前に激白! 日本一へ「思い切った選手起用する」

当面は無観客試合となるが、ファン待望のシーズン到来。だが、ファン以上に開幕を迎える喜びを感じているのは、実際にプレーする選手であり、コーチであり、監督なのかもしれない。来たるシーズンに向けて「期待して下さい」と笑顔ながらも眼光鋭く語るのは、ロッテ井口資仁監督だ。就任3年目を迎える指揮官は、Full-Countの独占オンライン取材に応じ、優勝にかける不退転の決意を語った。

就任3年目、集大成としての日本一へ「『マウエ↑』じゃなくて、『突ッパ!』ですから」

 開幕投手は昨年に続き、石川歩が任される。本来は、楽天からFA移籍してきた美馬学の予定だったが、開幕延期や美馬の故障もあり、生え抜きの石川を抜擢。「実績のある投手。開幕は本当にプレッシャーのかかる試合だと思うけれど、投手陣のリーダーとして重圧をはねのけて、彼に先陣を切ってもらいたいと思います」と全幅の信頼を置く。

【PR】NPB11球団の試合を徹底中継 ロッテ戦観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 今年は開幕1軍に、3年目内野手の安田尚憲、育成から支配下登録されたばかりの外野手・和田康士朗、そしてルーキー捕手の佐藤都志也、同じくルーキーの内野手・福田光輝らフレッシュな面々が加わった。

「安田、光輝、佐藤、康士朗に関しては、しっかり練習試合で結果を出して1軍に食い込んできてくれた。若い選手がしっかり底上げをしてきてくれたのが楽しみ。チームミーティングでも話したんですけど、若い選手たちがその若さを前面に出してチームに勢いをつけてほしいですね。角中(勝也)、清田(育宏)、福田(秀平)、鳥谷(敬)と頼れるベテランはいっぱいいるんで、いろいろ聞きながらトライしてほしいと思います」

 120試合というイレギュラーなシーズンを勝ち抜くために、時には心を鬼にして非情采配を振るうこともある。だが、それは就任3年目を迎え、チームとして成熟してきた手応えの裏返しでもある。

「毎年チームとしてかなりの厚みが出てきているので、思い切った選手起用をしようと考えています、若い選手もそのレベルまで育ってきているので、ベテランといい形でミックスしてやっていければ。外国人選手も調子が悪かったり相性が悪ければ、違う選手を使うこともある。そこも思い切って臨機応変に。今の時代、何が起こるか分かりませんが、イレギュラーなことが起きても対応できるチーム作りはしてきたつもりなので、こういう時に強いマリーンズを見せたいですね」

 今季掲げるスローガンは「突ッパ!」。もちろん、狙うはリーグ優勝、そして日本一だ。

「しっかり最後まで戦い抜いて勝つのが、チームの目標。それを含めての『突ッパ!』です。『マウエ↑』(昨季スローガン)じゃなくて、『突ッパ!』ですから。期待して下さい」

(佐藤直子 / Naoko Sato)

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」