野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

ロッテ井口監督、開幕直前に激白! 日本一へ「思い切った選手起用する」

当面は無観客試合となるが、ファン待望のシーズン到来。だが、ファン以上に開幕を迎える喜びを感じているのは、実際にプレーする選手であり、コーチであり、監督なのかもしれない。来たるシーズンに向けて「期待して下さい」と笑顔ながらも眼光鋭く語るのは、ロッテ井口資仁監督だ。就任3年目を迎える指揮官は、Full-Countの独占オンライン取材に応じ、優勝にかける不退転の決意を語った。

オンライン取材で今季にかける意気込みを語ったロッテ井口監督
オンライン取材で今季にかける意気込みを語ったロッテ井口監督

プロ野球がいよいよ開幕、期待ふくらむ指揮官に独占オンライン取材

 6月19日。プロ野球2020年シーズンが、いよいよ開幕を迎える。本来なら3月20日にスタートしていたはずの今季は、新型コロナウイルス感染拡大の影響により延期。予定より約3か月遅れで、開幕にこぎ着けた。

【PR】タイガーマスクの巨人愛をDAZN(ダゾーン)でコンプリート「よく情報をチェック」

 当面は無観客試合となるが、ファン待望のシーズン到来。だが、ファン以上に開幕を迎える喜びを感じているのは、実際にプレーする選手であり、コーチであり、監督なのかもしれない。来たるシーズンに向けて「期待して下さい」と笑顔ながらも眼光鋭く語るのは、ロッテ井口資仁監督だ。就任3年目を迎える指揮官は、Full-Countの独占オンライン取材に応じ、優勝にかける不退転の決意を語った。

 誰も想像し得なかった活動自粛と開幕延期。緊急事態宣言が発令された後は、選手はそれぞれ自主練習という形で春キャンプに作り上げた体とスキルの維持・向上に努めた。それまで何の疑いもなく享受していた「野球ができる日常」が、実は当たり前ではなかったと気付かされた時間でもあった。再びチームで集結した時、井口監督は選手の意識の変化を感じ取ったという。

「うちは他球団より少し自粛期間が長かったんですけど、集合した時に選手の体の出来が思った以上に良かった。みんな自分の課題を見つけて、自主練習ではいろいろなことをやっていたんだと確認できましたし、開幕がいつになるか分からない中でも、やるべきことをやってくれていたのは本当に良かった。この期間で、みんな野球をやりたいという気持ちが強くなったと思います。また、こういう時期だからこそ、我々の仕事というのは、ファンの皆さんに勇気や希望を与えることだと再認識できたんじゃないですかね。僕も含め、この時期まで野球をやっていなかったことはないと思うので、みんなワクワクして開幕を迎えられると思います」

 にわかに生まれた“おうち時間”。「初めてですよ。ゴールデンウイークに家にいるなんて、まずないですから」という井口監督は、とにかく映像を見まくった。

「キャンプからオープン戦を含め、各選手の映像を全部見直しました。特に調子の悪かった選手には、練習が再開した時はこういう話をしようとか考えながら、映像を見てかなりの時間を過ごしましたね。もちろん、昨年のゲームを振り返りながら、いろいろと対戦相手の分析もしましたよ」

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」