野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

  • HOME
  • MLB
  • イチロー
  • 「まさかあんな凄い選手に…」四国IL徳島・吉田篤史監督が語るイチロー氏や憧れの門田博光氏

「まさかあんな凄い選手に…」四国IL徳島・吉田篤史監督が語るイチロー氏や憧れの門田博光氏

今年から四国アイランドリーグplusの徳島インディゴソックス監督に就任した吉田篤史氏は、新潟・日本文理高、社会人野球ヤマハを経て1991年ドラフト1位でロッテに入団。先発、救援投手として活躍し、その後は横浜やオリックス、独立リーグなどで投手コーチとして長年キャリアを積んできた。新型コロナウイルスの影響で延期となっていたが、リーグは6月20日にシーズン開幕。吉田新監督に話を聞いた。

四国IL徳島・吉田篤史監督【写真:広尾晃】
四国IL徳島・吉田篤史監督【写真:広尾晃】

元横浜、オリックスで投手コーチを務めた吉田篤史氏は今季から四国IL・徳島監督に就任した

 今年から四国アイランドリーグplusの徳島インディゴソックス監督に就任した吉田篤史氏は、新潟・日本文理高、社会人野球ヤマハを経て1991年ドラフト1位でロッテに入団。先発、救援投手として活躍し、その後は横浜やオリックス、独立リーグなどで投手コーチとして長年キャリアを積んできた。新型コロナウイルスの影響で延期となっていたが、リーグは6月20日にシーズン開幕。吉田新監督に話を聞いた。

【PR】セ・リーグを代表する選手たちのオリジナルコンテンツも セ界を変えるエネルギーを。「JERA セ・リーグ」特設サイト

――現役時代はロッテで通算292試合に登板。先発、救援で活躍しましたが、印象に残っていることは?
「なんといっても門田博光さんと対戦出来たことですね。僕は新潟県で育ちましたが、新潟出身の水島新司さんの『ドカベン』や『あぶさん』などを読んで育ちました。漫画に門田さんがよく出てきたんですね。体は大きくないのにすごいスイングをする選手だと思っていました。その方と対戦するのはドキドキしました。結果は打ち取りました。門田さんは南海からオリックスに移籍して、またダイエーに戻ってこられたんです。この年限りで引退されましたが、対戦できてうれしかったですね」

――イチロー選手はどんな印象でしたか?
「彼とはドラフト同期です。1年目から1軍にちょこちょこ出ていましたが、将来レギュラーになるポテンシャルはあるだろうな、とは思っていました。でも、まさかあんなすごい選手になるとは思いませんでした。最初は鈴木君で、そのときはあまり打てなくて抑えた記憶があります。僕は2年目の途中に肩を痛めて戦列を離れたのですが、次に上がった時には先発からリリーフに転向していました。でも右だったので、当時左のリリーフには同期の河本育之さんがいて、僕はほとんど対戦することはありませんでした」

――引退後は横浜、オリックスや独立リーグ、クラブチームなどで投手コーチとしてキャリアを重ねてこられました。投手コーチとはどんな仕事ですか?
「投手の成績を伸ばすのが大前提ですね。そのために、故障しないように管理してあげることが大事です。僕も故障では散々苦しんだので、それが一番大事だと思います。突発的な故障は避けようがありませんが、疲労の蓄積などで、故障するのは避けたい。腰や足も大事ですが、なんといっても投手は肩、肘を故障しないように気を付けないといけません」

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」