野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

レッズ秋山に弟子入りしたBC栃木20歳野手 授かった教えと「来年は来るな」の意味

メジャーリーガーを目の前に、ガチガチに緊張した。「オーラって言うんですかね。雰囲気がすごくありました」。西武から海外FA権を行使してレッズに移籍した秋山翔吾外野手が、同じ空間で汗を流している。ともに練習するメンバーもNPB選手ばかり。独立リーガーの自分は、少し気後れしていた。

BC栃木・新山進也【写真:小西亮】
BC栃木・新山進也【写真:小西亮】

「ティー打撃をやるにしても、イチからあらゆることをイメージしてやっている」

 メジャーリーガーを目の前に、ガチガチに緊張した。「オーラって言うんですかね。雰囲気がすごくありました」。西武から海外FA権を行使してレッズに移籍した秋山翔吾外野手が、同じ空間で汗を流している。ともに練習するメンバーもNPB選手ばかり。独立リーガーの自分は、少し気後れしていた。

【PR】ヤクルト日本一コンビが爆笑談義 DAZN(ダゾーン)の魅力と可能性とは

 ルートインBCリーグ・栃木ゴールデンブレーブスに所属する新山進也内野手。松本第一高から独立リーグの世界に飛び込み、今季で3年目を迎えた。昨年11月には清原和博氏が監督を務めて話題になった「ワールドトライアウト」にも参加。NPBの舞台を目指す左投げ左打ちの20歳は、今年1月に思ってもみない”お年玉”に恵まれた。

 知人を通じ、秋山が静岡県で行う自主トレに参加。ほかにもヤクルトの田代将太郎、阪神の板山祐太郎、DeNAの細川成也、西武の鈴木将平の4外野手がいた。かなり肩身は狭かったが、ひとつでも現状を打破するきっかけを得たいと飛び込んだ。

 恐縮してなかなか話しかけることはできなくとも「全部盗んでやろうと思って、秋山さんをずっと見ていました」。秋山は決して特別な練習をしているわけでもない。自分と明らかに違ったのは「質」だった。「ティー打撃をやるにしても、イチからあらゆることをイメージしてやってらしゃるなと感じました」。超一流たるゆえんを垣間見た気がした。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」