野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

  • HOME
  • MLB
  • 大谷翔平
  • 大谷一問一答 最終調整で5回6K無失点「開幕楽しみ」「ケガないのが一番大事」

大谷一問一答 最終調整で5回6K無失点「開幕楽しみ」「ケガないのが一番大事」

エンゼルスの大谷翔平投手は19日(日本時間20日)、本拠地で行われた変則ルールの紅白戦で先発し、5回を投げ、5安打無失点。毎回6三振を奪い、課題だった制球は4四球だった。

紅白戦に登板したエンゼルス・大谷翔平【写真:Getty Images】
紅白戦に登板したエンゼルス・大谷翔平【写真:Getty Images】

開幕前最後の調整登板は5回6奪三振4四球5安打無失点だった

 エンゼルスの大谷翔平投手は19日(日本時間20日)、本拠地で行われた変則ルールの紅白戦で先発し、5回を投げ、5安打無失点。毎回6三振を奪い、課題だった制球は4四球だった。

【PR】セ・リーグを代表する選手たちのオリジナルコンテンツも セ界を変えるエネルギーを。「JERA セ・リーグ」特設サイト

 初回は先頭・ウォルシュから空振り三振。2死二塁からワードを投ゴロに打ち取った。2回はハーモシロの左前打、一塁牽制悪送球などで1死三塁としたものの、アデルを空振り三振、サイスを遊ゴロに仕留めた。さらに、もう1人と対戦したブリセーニョには左前打を許した。

 3回は先頭から2者連続三振を奪った。4回は2死からアデルを見逃し三振に仕留めて3者凡退。さらに、もう1人と対戦したサイスには四球を与えた。5回はウォルシュ、ハーモシロに連打を許したが、アダムスを三ゴロ併殺打。マーシュを空振り三振とした。続く打者2人には四球を与えた。5回で打者22人に対して73球(ストライク45球)。6奪三振4四球、5安打無失点だった。

 この日が開幕前最後の調整登板。中6日を空けて開幕3戦目、26日(同27日)の敵地アスレチックス戦でメジャー復帰登板に臨む見込みだ。打者としては12日(同13日)の中越えへの実戦初アーチを含む13打数4安打の打率.308。登板後の会見では2年ぶりの投手復帰に手応えを示しつつ、メジャー3年目の開幕へ意気込みを語った。

――前回までの登板と比べて。
「投げる度に良くなっている。打者に投げてきている感じがしますね」

――オープン戦と紅白戦を比べて。投げる強度は違うか。
「普段はオープン戦が主体。(紅白戦と)どれくらい違うかわからないですけど、やっぱり力の入り具合が。(試合は)抑えなきゃいけない相手なので、味方が援護してくれる対象でありますし、考えていなくても強度は違うかなと思います」

――久々のメジャー登板へ気持ちは。
「楽しみにはしてますし、その前に打者の開幕もある。出るつもりで、まずはそこが最初の試合だと思うので。チームとしても勝って、2戦目も勝って、3戦目で投げると思うので、そこで頑張りたいなと思います」

――毎週日曜日の登板が予想されている。
「トータルで考えた時に一番回りやすいのかなと。日曜日はデーゲームで次の日にオフなので。登板後の時間、打つまでの時間が空けられる。そういうことだと思っています」

――二刀流をやる中で投打でどのように準備するのか。
「やっぱり気持ちの切り替えは必要。良かった時はいいですけど、悪かった時はそれを打席に持っていくわけにはいかないですし、逆もしかりなので。空いた時間は大事になるかなと思っています」

――個人的な目標は。
「チームとしては優勝することだと思う。それだけです。個人的にはきっちり与えられた球数、イニング、登板があると思う。ケガなく試合に出続けることが一番大事になると思っています」

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」