野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

巨人亀井の内角打ちはなぜ切れない? 専門家が分析「真似できる打者いない」

巨人の亀井善行外野手が19日のDeNA戦(横浜)で今季1号アーチを放った。1点を追う3回1死三塁。DeNA先発・平良が投げた内角へのカットボールに鮮やかなバットさばきと腰の回転で、右翼席中段まで運んだ。元巨人スコアラーで巨人歴代の左打者を見てきた三井康浩氏は「あの打ち方ができるのは阿部(慎之助)2軍監督か亀井選手くらいです」となかなか持ち合わせない技術だと分析した。

【動画】「芸術的バッティング」巨人・亀井が内角を捌いてスタンドに運ぶ今季1号弾の映像

【動画】「芸術的バッティング」巨人・亀井が内角を捌いてスタンドに運ぶ今季1号弾の映像

【PR】NPB11球団の試合を徹底中継 プロ野球観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

(Full-Count編集部)

JERAはセ・リーグを応援しています。

この動画の記事を読む

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」