野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

中堅は福留か、近本か… 6連勝お預けの阪神、さらなる浮上のカギを専門家が指摘

阪神は22日、甲子園での広島戦に3-3で引き分けた。8回にサンズの5号ソロで勝ち越したものの、9回に大山のエラーなどで2点を奪われ、逆転を許す苦しい展開。しかし、その裏に近本が同点打を放ち、引き分けに持ち込んだ。

阪神・近本光司(左)と福留孝介【写真:荒川祐史】
阪神・近本光司(左)と福留孝介【写真:荒川祐史】

中堅は前日に続いて福留がスタメン、解説者の野口寿浩氏は「近本を外してほしくない」

■阪神 3-3 広島(22日・甲子園)
 
 阪神は22日、甲子園での広島戦に3-3で引き分けた。8回にサンズの5号ソロで勝ち越したものの、9回に大山のエラーなどで2点を奪われ、逆転を許す苦しい展開。しかし、その裏に近本が同点打を放ち、引き分けに持ち込んだ。

 5連勝中の阪神だったが、この日は惜しくも白星がつかず。だが、ヤクルト、日本ハム、阪神、横浜の4球団で捕手としてプレーし、2018年までヤクルトで2年間、バッテリコーチを務めた野球解説者の野口寿浩氏は「いい時に反省材料を潰していくことは大事」とあえて指摘した。その上で、前日から採用されている「中堅・福留」の布陣について触れ、「今だから近本は外してほしくない」と言及。打撃不振でスタメンを外れながら、途中出場で同点打を放った2年目外野手を使うべきだと話す。その理由とは……。

 連勝ストップまであと1死と追い込まれながら、近本の一打で追いつき、負けなかった阪神。いい流れが途切れることはなかったが、こういうときこそ「しっかり見直してやっていくべきことがあります」と野口氏は語る。大ベテランを中堅でスタメン出場させる起用法については「福留が悪いということではなく……」と前置きした上で、こう話した。

「自分が阪神の捕手をやっていたら、センターはやはり動ける選手にやってもらいたいというのが本音です。もちろん、福留は守備が上手い選手ですし、実際にセンターでも素晴らしい。ただ、40歳を超えてさすがに動きは良くなくなってきています。他の選手だったら捕れていたけど……という打球が今後出てくるかもしれません。負担も大きい」

 もちろん、近本が極度の打撃不振にあえいでいるのは分かっている。ただ、今のチーム状態であればスタメンで起用するほうがプラスだというのだ。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」