野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

元ロッテ捕手の父の激励を胸に… 木更津総合の「背番号10」が誕生日に快投

高校野球千葉大会は7日、市原市のゼットエーボールパークなどで行われ、第8地区準々決勝で優勝候補の木更津総合が市原中央を4-1で下した。かつて中日、ロッテで捕手として活躍し、現在ソフトバンク1軍バッテリーコーチを務める吉鶴憲治氏の次男、翔瑛投手が先発し6回3安打5奪三振無四球無失点の快投を演じた。一方、県内ナンバーワン右腕といわれプロも注目するエースの篠木健太郎投手は“試運転”で9回の1イニングを投げたが、2安打2四死球で1点を奪われた。

木更津総合・吉鶴翔瑛【写真:宮脇広久】
木更津総合・吉鶴翔瑛【写真:宮脇広久】

憧れで目指すのは父・吉鶴憲治コーチが所属するソフトバンクの左腕・大竹

 高校野球千葉大会は7日、市原市のゼットエーボールパークなどで行われ、第8地区準々決勝で優勝候補の木更津総合が市原中央を4-1で下した。かつて中日、ロッテで捕手として活躍し、現在ソフトバンク1軍バッテリーコーチを務める吉鶴憲治氏の次男、翔瑛投手が先発し6回3安打5奪三振無四球無失点の快投を演じた。一方、県内ナンバーワン右腕といわれプロも注目するエースの篠木健太郎投手は“試運転”で9回の1イニングを投げたが、2安打2四死球で1点を奪われた。

【PR】セ・リーグを代表する選手たちのオリジナルコンテンツも セ界を変えるエネルギーを。「JERA セ・リーグ」特設サイト

 もともと木更津中央の投手陣では篠木の実力が突出していたが、昨秋から背番号10の左腕・吉鶴が急成長し“2枚看板”といわれるまでになった。吉鶴はこの日、速いテンポで速球、スライダー、チェンジアップを投げ分け、18アウトのうち併殺打を含め10を内野ゴロで奪った。

 くしくもこの日は吉鶴の18歳の誕生日。8月に大会がなければ、誕生日に公式戦を迎えることはなかった。福岡を本拠とし正月くらいしか顔を合わせる機会がない父からも、LINEで「誕生日だから頑張れ」とメッセージを受け取った。コロナ禍で甲子園大会が消滅した時も、「県大会はあるだろうし、この先も野球を続けるのだから、落ち込むのではなく前を向いて練習していけ」とのゲキを飛ばされたという。

 吉鶴が生まれた2002年に、父は現役を引退しており、プレーを生で見たことはない。それでも「技術的なことはあまり言われませんが、『ピンチでは得意のボールで強気で押していけ』と言われています」と明かす通り、4回2死三塁では相手の4番・小関に対し、低めのスライダーを2度空振りさせてカウント1-2と追い込み、最後もスライダーで二ゴロに仕留めた。

 進路は「大学で4年間やってからプロを目指したい」と明確だ。憧れの投手に「ソフトバンクの大竹投手」と父が所属するチームの左腕の名前を挙げる。「まっすぐの球威、球速はそれほどでもないけれど、変化球を多投して打者を打ち取る姿に、自分も同じタイプの投手なので憧れます」と現実的に自分へ引き寄せて考えている。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」