野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

楽天で進化を見せる助っ人ロメロ 打撃指標や傾向から見える好調の要因とは?

来日4年目を迎えた助っ人にとって、今季はキャリア最高のシーズンとなりそうな気配だ。3シーズンにわたってオリックスで活躍したステフェン・ロメロ外野手は今季から楽天に新加入。あっという間にチームに溶け込み、確実性と長打力をあわせ持った打撃を活かして、チームの主軸の一人として出色の活躍を見せている。

楽天のステフェン・ロメロ【写真:パ・リーグインサイト】
楽天のステフェン・ロメロ【写真:パ・リーグインサイト】

ここまでリーグトップの14本塁打を放っている楽天ロメロ

 来日4年目を迎えた助っ人にとって、今季はキャリア最高のシーズンとなりそうな気配だ。3シーズンにわたってオリックスで活躍したステフェン・ロメロ外野手は今季から楽天に新加入。あっという間にチームに溶け込み、確実性と長打力をあわせ持った打撃を活かして、チームの主軸の一人として出色の活躍を見せている。

【PR】NPB11球団の試合を徹底中継 楽天戦観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 そんなロメロだが、オリックス時代にケガに悩まされてきたこともあってか、今季も序盤戦ではジャバリ・ブラッシュ選手と併用されるケースも少なくなかった。そんな中で、リーグ1位タイの14本塁打、同3位の打率.3402という数字を記録し、成績の面でも優秀な数字を残している。

 これだけの打撃成績を残しているロメロが時には6番以下を打つこともあるという事実が、今季の楽天打線の脅威をより強めているのは間違いないところ。ただ、ロメロは昨季まで在籍したオリックスにおいても、出場した試合では常に優秀な成績を残していた。これまで日本球界で残してきた成績は下記の表の通りとなっている。

ステフェン・ロメロの年度別成績【表:パ・リーグ インサイト】
ステフェン・ロメロの年度別成績【表:パ・リーグ インサイト】

 規定打席に到達したシーズンこそ2018年の1度のみ。昨季は81試合の出場にとどまったものの、打率.305、OPS.902と出場した試合ではハイレベルなパフォーマンスを見せていた。また、来日初年度の2017年も26本塁打、OPS.838と十分な数字を残しており、故障さえなければその実力は一流レベルと言える。

 その一方で、打点に関しては3年続けて60点台と、その打撃能力からすればやや物足りないもの。ただ、昨季はわずか81試合で63打点を挙げているのは特筆もので、143試合に換算すると約111打点となり、2019年の打点ランキングでhは3位に相当する数字だ。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」