野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

阪神3位浮上でもOBは厳しい見方… 散見される細かいミスに「この先綻びとして出る」

阪神は12日、敵地・横浜スタジアムでDeNAに7-6で逆転勝ちし、3位に浮上した。2点リードされた4回、2番の中谷将大外野手と3番のジェリー・サンズ外野手の2者連続本塁打などで一挙5点を挙げて試合をひっくり返した。5カードぶりに勝ち越した一方で、試合の流れを左右しかねないミスもあっただけに、阪神OBは「勝ってよかったと終わらせてはいけない」と厳しい視線を向けた。

阪神・矢野燿大監督【写真:津高良和】
阪神・矢野燿大監督【写真:津高良和】

植田のバスターエンドラン失敗、青柳の送りバント失敗とミスが見られた阪神

■阪神 7-6 DeNA(12日・横浜)

 阪神は12日、敵地・横浜スタジアムでDeNAに7-6で逆転勝ちし、3位に浮上した。2点リードされた4回、2番の中谷将大外野手と3番のジェリー・サンズ外野手の2者連続本塁打などで一挙5点を挙げて試合をひっくり返した。5カードぶりに勝ち越した一方で、試合の流れを左右しかねないミスもあっただけに、阪神OBは「勝ってよかったと終わらせてはいけない」と厳しい視線を向けた。

 ヤクルト、日本ハム、阪神、横浜の4球団で捕手としてプレーし、2018年までヤクルトで2年間、バッテリコーチを務めた野球解説者の野口寿浩氏が指摘したのは、2点を追う4回無死一、二塁の場面。打席の植田海内野手は初球に対してバスターを試み、捕邪飛に倒れた。定石では最低でもゴロを打たなければいけない状況で、強振した植田を疑問視しつつ、こう語る。

「確かに無死一、二塁でのバスターエンドランというのは珍しい。私も21年間のプロ人生で目の前でみたのは1度しかなかったくらいですから。ただ、年間で何度もやらない作戦だからこそ、その分練習しておかなければいけない」

 さらに野口氏が語気を強めたのが、直後の青柳晃洋投手の打席。2球目の直球をバントしたが、転がしたのは一塁側。一塁手の中井大介内野手がチャージをかけてきていたため、あえなく三塁封殺となり、犠打失敗に終わった。このプレーに「言語道断」と野口氏はきっぱり。「バントは先発投手が打席内で果たすべき仕事。反省すべきプレーだったと思います」と話した。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」