野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

阪神3位浮上でもOBは厳しい見方… 散見される細かいミスに「この先綻びとして出る」

阪神は12日、敵地・横浜スタジアムでDeNAに7-6で逆転勝ちし、3位に浮上した。2点リードされた4回、2番の中谷将大外野手と3番のジェリー・サンズ外野手の2者連続本塁打などで一挙5点を挙げて試合をひっくり返した。5カードぶりに勝ち越した一方で、試合の流れを左右しかねないミスもあっただけに、阪神OBは「勝ってよかったと終わらせてはいけない」と厳しい視線を向けた。

9回のベンチワークも指摘「ピッチャーが1人じゃない時間を作ってあげないと」

 9回に守護神ロベルト・スアレス投手が2死二塁からタイムリーを浴びて1点差に迫られたシーンについても「あそこはベンチがマウンドに行ってあげて、ピッチャーが1人じゃない時間を作ってあげないといけなかった」とも。その直後に代打の山下幸輝内野手に左翼線への二塁打を浴び、二、三塁と一打逆転の窮地を招いただけに「細かい部分を突き詰めてほしい」と求めた。

 目先の勝利を称えずに敢えて課題を指摘するのは、夏場から秋にかけての勝負所を見据えてのこと。「これでよしで済ませていたら、この先上位争いをしていくときに必ず綻びとして出てしまう」と野口氏。ひとつのミスが致命的な結果を生む前に「勝って兜の緒を締めよ」ということだ。

 加えて、リリーフ陣は苦しいやりくりが続く。この日は6回途中からセットアッパーのジョー・ガンケル投手を投入。直後の7回にリードを2点に広げ、なおも2死満塁のチャンスだったが、ガンケルに代打を送らなかった。追加点を奪いにいくよりも、ガンケイルをイニング跨ぎさせて2点リードを守る策に出た。結果は奏功したが、勝ちパターンを任せられる中継ぎ投手が1枚足りない状況には変わりない。一歩間違えば攻守ともに崩れる危険性を孕んでいるだけに、この薄氷の勝利を教訓としたいところだ。

(小西亮 / Ryo Konishi)

JERAはセ・リーグを応援しています。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」