野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

DeNAとKDDIが手掛ける新しい野球観戦 「バーチャルハマスタ」が持つ可能性

今シーズンのNPBはコロナ禍により無観客で開幕を迎え、有観客となった現在も5000人という上限を設定している。観戦チケットは入手困難で、ファンは自宅や密集しない場所でのリモート応援を中心に、ご贔屓のチームにエールを送っている。新たな生活様式同様に、新たな応援方式が求められる中、横浜DeNAベイスターズはKDDIとタッグを組み、次世代の野球観戦「バーチャルハマスタ」を発表した。

実際の試合映像に合わせ、ホームランを打つとド派手な演出が登場【写真提供:横浜DeNAベイスターズ】
実際の試合映像に合わせ、ホームランを打つとド派手な演出が登場【写真提供:横浜DeNAベイスターズ】

オンライン版パブリックビューイングを仮想世界で実現、未来の応援のカタチ

 今シーズンのNPBはコロナ禍により無観客で開幕を迎え、有観客となった現在も5000人という上限を設定している。観戦チケットは入手困難で、ファンは自宅や密集しない場所でのリモート応援を中心に、ご贔屓のチームにエールを送っている。新たな生活様式同様に、新たな応援方式が求められる中、横浜DeNAベイスターズはKDDIとタッグを組み、次世代の野球観戦「バーチャルハマスタ」を発表した。

【PR】移動の多い斉藤和巳氏がDAZN(ダゾーン)を活用するワケ 「文字だけでは…」

 仮想空間に横浜スタジアムの一部を再現し、オンラインでファンが一緒に野球観戦や応援が楽しめる「バーチャルハマスタ」。先日、11日に行われた本拠地・阪神戦で無料トライアルが開催され、約3万人が少し未来の応援を先取り体験した。

 観戦に利用されたのはバーチャルSNS「Cluster」で、専用アプリをダウンロードすれば、パソコンやスマートフォン、タブレットはもちろん、VRでも楽しむことができる。参加者はアバターとなって、仮想空間に立つ横浜スタジアムを訪問。スタジアムの外から入口を通過すると、忠実に再現されたコンコースへと繋がっている。売店が並ぶコンコース内を歩き回ることもでき、球場を何度も訪れたことのあるコアなファンなら、階段や柱の位置までおなじみの光景が再現されていることが分かる。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」