野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

部員全員に送った1枚の手紙…滝川西・松木主将の失われた夏への想い

春夏合わせて4度甲子園に出場した滝川西(北海道)の松木鵬磨(ほうま)主将が、仲間に手書きのハガキを送ったのは3月のことだった。コロナ禍により緊急事態宣言が発令されて学校は休校となり、部活動も自粛を余儀なくされていた時だった。

現2年生に送ったハガキを広げる松木前主将(右)と布野新主将【写真:石川加奈子】
現2年生に送ったハガキを広げる松木前主将(右)と布野新主将【写真:石川加奈子】

滝川西の松木主将は1週間かけて部員への手紙を送った

 春夏合わせて4度甲子園に出場した滝川西(北海道)の松木鵬磨(ほうま)主将が、仲間に手書きのハガキを送ったのは3月のことだった。コロナ禍により緊急事態宣言が発令されて学校は休校となり、部活動も自粛を余儀なくされていた時だった。

【PR】セ・リーグを代表する選手たちのオリジナルコンテンツも セ界を変えるエネルギーを。「JERA セ・リーグ」特設サイト

「1日でも2日でもみんなと会えないのは辛い。長い期間会えないので、何をできるか考えて、手紙を送ろうと思いました」。机の引き出しに眠っていた数年前の年賀状を引っ張り出し、昨秋撮影したチーム写真をパソコンで印刷した。そこに仲間1人1人の顔を思い浮かべながら、コメントを書き込んでいく。

 例えば、後に新チームのキャプテンを引き継ぐことになる布野壮真(2年)への文面はこうだ。

「壮真はみんなから愛されているキャラ。今年こそベンチに入ってキャッチャーの座を取れ。壮真は毎回練習を真面目に取り組んでいる。自分達の代になったら俺がキャプテンをする意識でやって欲しい。壮真が2年生をもっとひっぱっていって欲しいと思う。この先つらい事があると思うが、一緒に乗り越えて頑張るぞ」。

 最後は必ず寄り添う言葉で締め、仕上げは筆ペンを使って「甲子園に行ってかならず校歌を歌うぞ」の文字を認める。マネジャーを含めた当時の2年生18人と1年生21人の計39人分。1枚書き上げるのに30分ほどかかり、全て書き終えるのには1週間かかった。

「書いていたら、これも伝えたいということがどんどん出てきて。漢字は苦手なので調べながら書きました」と松木は優しい笑みを浮かべる。誤算だったのは、古いハガキをそのまま投函したため、最初の数枚は切手代不足だったこと。受け取った選手が不足分を支払ったのだが、もちろん文句を言う選手はいない。料金不足に気づいた松木は、残りのハガキには自宅にあった切手(太っ腹なことに100円切手!)を年賀状の上に貼って送った。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」