野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

「小学生の肘で何が起きているのか」 肘手術の権威がオンラインセミナー実施

新型コロナウイルス感染拡大の影響により、3密や不要不急の外出を避ける新たな生活様式が実施される中、家で過ごす時間をより充実したものにするため注目を集めているのが、各種オンラインセミナーだ。Full-Countでは、野球に関する興味深いテーマを取り上げるオンラインセミナーを企画。第1弾として7月26日に「Full-Count presents『教えて、古島先生』 小学生のヒジで何が起こっているか!?」を実施した。

肘手術の権威・古島弘三医師がオンラインセミナーを実施した
肘手術の権威・古島弘三医師がオンラインセミナーを実施した

Full-Count初の試みにトミー・ジョン手術の権威・古島医師が出演

 新型コロナウイルス感染拡大の影響により、3密や不要不急の外出を避ける新たな生活様式が実施される中、家で過ごす時間をより充実したものにするため注目を集めているのが、各種オンラインセミナーだ。Full-Countでは、野球に関する興味深いテーマを取り上げるオンラインセミナーを企画。第1弾として7月26日に「Full-Count presents『教えて、古島先生』 小学生のヒジで何が起こっているか!?」を実施した。

【PR】セ・リーグを代表する選手たちのオリジナルコンテンツも セ界を変えるエネルギーを。「JERA セ・リーグ」特設サイト

 講師として登壇したのは、肘内側側副靱帯再建手術(通称トミー・ジョン手術)を約700件も担当した慶友整形外科病院スポーツ医学センター長の古島弘三医師だ。約20人の少年野球の指導者・保護者を対象に、オンライン会議ツール「Zoomビデオウェビナー」を通じて講義を行い、受講者からの様々な質問に答えた。

 五十嵐亮太投手、近藤一樹投手(ともにヤクルト)、床田寛樹投手(広島)、釜田佳直投手(楽天)、川島慶三内野手(ソフトバンク)ら現役NPB選手のほかにも、小学生から大学生、社会人まで数多くのアマチュア選手を診察してきた古島医師。再び大好きな野球をプレーできるように治療・手術・リハビリなどのサポートをしてきたが、一方、故障が原因で野球を諦めなければならず、涙を流す選手の姿を何度も目にしてきた。

 夢半ばに去る選手を1人でも減らしたいと願う古島医師は、高校、大学、あるいはプロ入り後の怪我が学童期の故障に起因するケースが多いことに注目し、小中学生における怪我の早期発見・予防の重要性を訴えている。これまで多忙なスケジュールの合間を縫って、拠点を置く群馬県をはじめ全国各地で講演活動を行ったり、積極的にメディアで情報発信をして啓蒙活動を行ってきた。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」