野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

なぜ阪神・西勇輝は2連続完封できた? 左打者7人並んでも苦にならない強み

阪神のエース・西勇輝投手が17日、敵地での巨人戦で9回4安打無失点の好投を見せ、自身初となる2試合連続完封勝利を無四球で飾った。試合は阪神が11-0で大勝。東京ドームでは、9試合目にしてようやく今季初勝利をつかんだ。巨人の連勝は9で止まった。

阪神・西勇輝【写真:津高良和】
阪神・西勇輝【写真:津高良和】

OBの野口寿浩氏は「まだ望みがある中、今後へのきっかけになる」と評価

■阪神 11-0 巨人(17日・東京ドーム)

 阪神のエース・西勇輝投手が17日、敵地での巨人戦で9回4安打無失点の好投を見せ、自身初となる2試合連続完封勝利を無四球で飾った。試合は阪神が11-0で大勝。東京ドームでは、9試合目にしてようやく今季初勝利をつかんだ。巨人の連勝は9で止まった。

 チームトップの7勝目を挙げた西勇について、ヤクルト、日本ハム、阪神、横浜で活躍し、18年までヤクルトで2年間ヘッドコーチを務めた野球評論家の野口寿浩氏は「まだ優勝の可能性が消えていない中で、阪神はこれから勝ち続けていかないといけない。その、いいきっかけになる試合になった」と、エースとして最高のピッチングをした西勇を称えた。

 圧巻の投球だった。11日の広島戦(甲子園)から中5日で迎えたマウンドで、巨人打線に二塁すら踏ませなかった。2回からは正捕手の梅野に代わり、急きょ坂本がマスクを被ったが動じず。2試合連続の無四球完封で、ようやく敵地で巨人に今季初黒星を付けた。この日の西勇の投球について、野口氏はこう解説する。

「テンポがめちゃくちゃ良く、間合いを短く、ポンポン投げていた。失投がほとんどなく、少しボールが先行しても慌てない。もともと全球種を両サイドに投げ切れる投手。技術的にも何もかピッタリはまった試合だった」

 前日16日に続き、坂本、岡本と2人のレギュラーが欠場する中、巨人ベンチはウィーラーと投手のサンチェスを除き、左打者を7人並べた。だが、西勇はそんな巨人打線をまったく苦にしなかった。

「巨人が右打ちの2人を使ったところでどうだったか。それくらい西はいい投球をした。(右腕の西に対しては)左のほうが少し有利だが、左を並べればいいという訳ではない」

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」