野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

首位独走の巨人、強さの源はどこに? データが示す傑出した攻撃力と守備力

前年優勝の勢いは衰えず、原辰徳監督が球団歴代1位の勝利数を達成。さらに、9月9日にマジックを点灯させるなど順風満帆のシーズンを送っている巨人。そんな巨人のペナントレース前半戦を、得点と失点の移動平均を使って、チームがどの時期にどのような波に乗れたかを検証する。(数字、成績は9月15日現在のもの)

巨人・原辰徳監督【写真提供:読売巨人軍】
巨人・原辰徳監督【写真提供:読売巨人軍】

スタートダッシュを決めると、その後も大型連勝を重ねた前半戦の巨人

 前年優勝の勢いは衰えず、原辰徳監督が球団歴代1位の勝利数を達成。さらに、9月9日にマジックを点灯させるなど順風満帆のシーズンを送っている巨人。そんな巨人のペナントレース前半戦を、得点と失点の移動平均を使って、チームがどの時期にどのような波に乗れたかを検証する。(数字、成績は9月15日現在のもの)

【PR】「ムチャクチャ助かります」 元阪神エースが語るDAZN(ダゾーン)活用法と提案

 移動平均とは大きく変動する時系列データの大まかな傾向を読み取るための統計指標。グラフでは9試合ごとの得点と失点の移動平均の推移を折れ線で示し、「得点>失点」の期間はレッドゾーン、「失点>得点」の期間はブルーゾーンで表している。

巨人の得失点推移グラフ【図表:鳥越規央】
巨人の得失点推移グラフ【図表:鳥越規央】

 開幕から4連勝、最初の5カードはすべて東京での開催(東京ドーム12試合、神宮3試合)と地の利があったとはいえ、10勝4敗1分とスタートダッシュに成功した巨人。7月第2週の関西遠征では3敗、3試合が中止と勢いが止まったかに見えたが、その後7連勝。さらには9月5日から8連勝(1分はさむ)と大型連勝を重ねた。

 8月2日の9失点、8月6日の11失点の影響により一部ブルーゾーンが見えるが、それ以外は平均得点4.77、平均失点3.23という安定したチーム状況を示すグラフとなっている。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」