野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

「消防士になろうと…」トヨタ自動車・栗林をドラ1候補に変えた元竜戦士

今秋のドラフト1位候補・トヨタ自動車の栗林良吏(りょうじ)投手。社会人ナンバーワン投手との呼び声も高い男が、無名だった高校時代からここまで成長できたのは、2人の元プロとの出会いがあったからだった。高校2年秋から投手に転向した栗林は、この7年間で投手としてどういう道を歩んできたのか。10月26日のドラフトを前に話を聞いた。前・後編でお届けします。

トヨタ自動車・栗林良吏【写真:荒川祐史】
トヨタ自動車・栗林良吏【写真:荒川祐史】

インタビュー前編・幼少期は中日福留のファン「消防士になろうと思っていた」

 今秋のドラフト1位候補・トヨタ自動車の栗林良吏(りょうじ)投手。社会人ナンバーワン投手との呼び声も高い男が、無名だった高校時代からここまで成長できたのは、2人の元プロとの出会いがあったからだった。高校2年秋から投手に転向した栗林は、この7年間で投手としてどういう道を歩んできたのか。10月26日のドラフトを前に話を聞いた。前・後編でお届けします。

【PR】セ・リーグを代表する選手たちのオリジナルコンテンツも セ界を変えるエネルギーを。「JERA セ・リーグ」特設サイト

 内野手だった栗林が投手に転向したのは、愛知黎明高の時だった。2年夏の愛知県大会決勝で、現在、DeNAでプレーする東克樹投手擁する愛工大名電に敗戦。新チームとしてスタートした矢先、エース候補だった選手がケガをしてしまい、投手がいなくなってしまったことがきっかけだった。

 監督から代役の投手に指名された栗林は、試合の序盤を投げ、リリーフにつなぐ先発の役割を任されるようになった。

「小学校の時にもピッチャーをやったことはあったんですが、ストライクが全然入らなくてクビにされていました。高校の時も、その子がケガをしていなかったら、僕は投手にはなっていませんでした。もともと投手は好きではなかったし、いないからやっている感じ。ピッチング練習もしていなかった。ある程度球が速くて、ストライクが入るという程度の投手でした」

 当時、直球の最速は140キロ前後。持ち球は、カットボール、スライダー、カーブ、フォークと多彩だったが「野手が延長で投げているような感じで、武器になるというわけではなかった」という。

 小学生の頃は地元・中日のファン。プロ野球選手に憧れたこともあったが、それは投手としてではなく打者としてだった。「福留孝介さんのファンで、ユニホームやタオル、下敷きとかを持っていました」。だが、中学に進むと、プロ野球選手という夢は一旦消え、将来就きたい職業は消防士に変わった。当時、無名だった栗林にとって、プロを目指すというのは現実味がなかったのだ。そして、プロへの思いが再び芽生えたのは大学3年生の時だったという。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」