野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

阪神、止まらない“失策癖” 名スコアラー指摘「キャンプで何を練習していたのか」

阪神は23日、敵地・東京ドームでの巨人戦で、ジェフリー・マルテ内野手が2回に一塁手ではセ・リーグ史上初の1イニング3失策。5回の1失策を合わせ、一塁手ではプロ野球史上初の1試合4失策を犯した。試合は終盤に追い上げたものの、4-5で敗戦。巨人で2007年まで22年間にわたって名スコアラーとして鳴らした三井康浩氏は、阪神が宿敵巨人に13.5ゲームの大差をつけられている理由が浮き彫りになっていたという。

阪神のジェフリー・マルテ【写真:津高良和】
阪神のジェフリー・マルテ【写真:津高良和】

12球団断トツのチーム失策79 昨季唯一の3桁102エラーにも懲りず

■巨人 5-4 阪神(23日・東京ドーム)

 阪神は23日、敵地・東京ドームでの巨人戦で、ジェフリー・マルテ内野手が2回に一塁手ではセ・リーグ史上初の1イニング3失策。5回の1失策を合わせ、一塁手ではプロ野球史上初の1試合4失策を犯した。試合は終盤に追い上げたものの、4-5で敗戦。巨人で2007年まで22年間にわたって名スコアラーとして鳴らした三井康浩氏は、阪神が宿敵巨人に13.5ゲームの大差をつけられている理由が浮き彫りになっていたという。

 これではエースの西勇もたまったものではない。マルテは2回、丸に先制ソロを浴びた直後の一死二塁で、田中俊が放った正面のゴロを体に当てて大きくはじいた上、あわてて一塁へ背面トスを試み、これが大きくそれてファウルゾーンを転々とする悪送球に。二塁走者・若林の生還まで許し、ダブルエラーが記録された。さらにこの回、1死一、三塁でも、今村のセーフティースクイズを捕球しきれず、3点目を献上。5回には無死一塁から、吉川尚の二盗の際、捕手・梅野が悪送球で三塁まで進塁を許し、直後の松原の一ゴロをまたもやマルテが弾き、この回の2失点につながっていった。

 阪神の守備が酷いのは、今に始まったことではない。今季チーム失策は、この日の「5」を合わせて「79」に上り12球団断トツ。逆に最も少ない巨人の35失策と比べると、倍以上にあたる。昨季は12球団で唯一失策数が3桁(102)に達したが今年もその流れを止めることができない。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」