野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

打った本人も三塁コーチャーも涙 「今世紀最大の試合」呼んだ早大9回2死逆転弾の裏側

東京六大学秋季リーグ戦最終週は8日、両校の優勝をかけた早慶戦が神宮で行われ、早大が慶大に3-2で逆転勝ち。10季ぶり46度目の優勝を飾った。敗戦まであと1アウトの9回2死一塁から8番・蛭間拓哉中堅手(2年)が奇跡の逆転2ラン。その裏にドラマチックな物語があった。

逆転2ランに涙で本塁へ向かう早大・蛭間、その後ろで目元を拭う三塁コーチャーの姿も…【写真:荒川祐史】
逆転2ランに涙で本塁へ向かう早大・蛭間、その後ろで目元を拭う三塁コーチャーの姿も…【写真:荒川祐史】

V逸まであと1死から蛭間が逆転2ラン、ダイヤモンドを回る最中にもう涙、涙…

 東京六大学秋季リーグ戦最終週は8日、両校の優勝をかけた早慶戦が神宮で行われ、早大が慶大に3-2で逆転勝ち。10季ぶり46度目の優勝を飾った。敗戦まであと1アウトの9回2死一塁から8番・蛭間拓哉中堅手(2年)が奇跡の逆転2ラン。その裏にドラマチックな物語があった。

【PR】セ・リーグを代表する選手たちのオリジナルコンテンツも セ界を変えるエネルギーを。「JERA セ・リーグ」特設サイト

 白球がバックスクリーンに着弾するのを見届けると、胸が熱くなった。蛭間は歩みを進めるごとに視界がゆがんでいく。三塁コーチャーの学生コーチ・杉浦啓斗(4年)も涙で後輩を迎える。三塁ベースを蹴った2年生はホーム寸前でもう目元を押さえ、涙でホームイン。さらにベンチ前に飛び出して出迎えた選手たちの目にも光るものが……。揺れる神宮に早大ナインの歓喜の声がこだました。

「正直、驚きました。最後はベンチに入れなかった4年生、ベンチを支えてくれた4年生が打たせてくれたと思います」

 早慶戦の歴史に残るドラマは1点ビハインドの9回2死にやってきた。前日に続く連投で8回からマウンドに上がっていた慶大のエース・木澤尚文(4年)に対し、7番・熊田任洋遊撃手(1年)が左前打。前日に木澤から本塁打を放っている蛭間に対し、相手ベンチは左腕・生井惇己(2年)にスイッチした。ここで倒れればV逸。小宮山悟監督がベンチを出て、蛭間と狙いを確認した。

 それは「外角のストレートに踏み込んで打つ」こと。意思確認が終わり、指揮官から「腹を決めていけ」と送り出された。しかし、だ。

 初球に投じられたのは、外角に逃げていく126キロのスライダー。なのに、蛭間は打ちにいった。うまくバットに合わせた打球はセンター方向へ、高々と舞う。滞空時間が長く、なかなか落ちてこない。中堅手が背走したが、その行く手をフェンスが遮った。神宮に詰めかけた観衆1万2000人は騒然。打たれた生井ら、慶大ナインがグラウンドに崩れ落ちる中、逆転2ランを放った2年生は涙、涙でダイヤモンドを一周した。

 小宮山監督は「スライダーがやっかいな投手だから、スライダーをどうやって頭から消せるかを考えて本人と話をしたのに……。ああいうバッティングができるというところに蛭間の素晴らしさを感じた」と手放しで称えた。次打席で待っていたエースの早川隆久(4年)も「ベンチのみんなもそうだけど、ベンチに入ってない部員も全員の魂が乗り移って蛭間のホームランにつながったのかなと思う」と振り返った。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」