野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

阪神ドラ2のJR東日本・伊藤が2失点完投 同ドラ6・中野封じも「共に頑張っていきたい」

25日に東京ドームで行われた第91回都市対抗野球大会4日目の第3試合で、JR東日本と三菱自動車岡崎が対戦し、JR東日本が劇的なサヨナラホームランで4-2で勝利した。ドラフト会議で阪神から2位指名を受けたJR東日本・伊藤将司投手と、同じく阪神から6位で指名された三菱自動車岡崎・中野拓夢内野手の対戦が実現。伊藤は9回5安打2失点で完投勝利。中野は4打数無安打だったものの、好守が光った。

先発したJR東日本・伊藤将司【写真:鳥越涼芳】
先発したJR東日本・伊藤将司【写真:鳥越涼芳】

先発した伊藤は9回5安打2失点の完投勝利、劇的なサヨナラホームランで決着

 25日に東京ドームで行われた第91回都市対抗野球大会4日目の第3試合で、JR東日本と三菱自動車岡崎が対戦し、JR東日本が劇的なサヨナラホームランで4-2で勝利した。ドラフト会議で阪神から2位指名を受けたJR東日本・伊藤将司投手と、同じく阪神から6位で指名された三菱自動車岡崎・中野拓夢内野手の対戦が実現。伊藤は9回5安打2失点で完投勝利。中野は4打数無安打だったものの、好守が光った。

【PR】セ・リーグを代表する選手たちのオリジナルコンテンツも セ界を変えるエネルギーを。「JERA セ・リーグ」特設サイト

 NTT東日本との代表決定戦で9回1死まで無安打の完ぺきな内容を披露していた伊藤。阪神からドラフト上位で指名されたこともあり、初回から注目が集まっていたが、この日はいきなり先頭打者アーチを浴びるなど不安定な立ち上がりに。精度が売りの変化球がばらつき2回にも1点を失ったが、3回にバッテリーを組む渡辺から「変化球が高い。低めに集めていこう」と声をかけられ、本来の丁寧な投球を取り戻した。

 イニングが進むにつれてギアが上がっていき、6回には足元に打球が直撃するも涼しい顔。伊藤は「ちょっと痛かったけど、行けると思った。初回にああいう点の取られ方をしたので、『ここで降りたくない』という気持ちがあった」とマウンドに駆け寄ってきたトレーナーを制し、結局9回まで114球を投げ切った。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」