野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

来季の目玉は味全の1軍参入 台湾プロ野球の魅力とコロナ対策で残した功績

新型コロナウイルスの世界的な感染拡大の中で、世界最速で開幕を迎えた台湾プロ野球(CPBL)。台湾シリーズでは統一ライオンズが台湾一の座についた。近年低迷が続き、観客動員も苦戦していた統一の復活優勝はリーグにとっても朗報と言える。

2020年のCPBLは統一ライオンズがチャンピオンに【写真:Getty Images】
2020年のCPBLは統一ライオンズがチャンピオンに【写真:Getty Images】

来季は川崎宗則や歳内宏明も在籍した味全が1軍に参入

 新型コロナウイルスの世界的な感染拡大の中で、世界最速で開幕を迎えた台湾プロ野球(CPBL)。台湾シリーズでは統一ライオンズが台湾一の座についた。近年低迷が続き、観客動員も苦戦していた統一の復活優勝はリーグにとっても朗報と言える。

【PR】オフシーズンコンテンツも充実 プロ野球観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 台湾シリーズで再び涙をのんだ中信ブラザーズ、あと1勝で後期優勝を逃した富邦ガーディアンズ、そして、シリーズ進出及びモンキーズとしてのリーグ4連覇を逃した楽天モンキーズ、3チームそれぞれが、臥薪嘗胆の思いで来季に臨んで来るだろう。

 ただ、来季の一番の目玉は新たに加わる第5の球団「味全ドラゴンズ」だ。かつて3連覇を含め台湾王者に4度輝いた味全は、1999年に解散したが、昨年4月にCPBLへの「復帰」を表明して第5の球団となった。7月にはドラフト会議に参加。「新生」味全は、昨年7月に元ソフトバンクの川崎宗則(BC栃木)が兼任コーチとしてプレーしたほか、アジアウインターベースボールリーグ(AWB)で歳内宏明(ヤクルト)がプレーしたチームとして記憶されている方もいるだろう。

 味全はドラフトで指名された若手選手のほか、エクスパンション・ドラフトあるいはテスト入団したベテランや中堅選手などで構成されている。アジアウインターリーグに単独チームで参戦して3位となると、今季から2軍公式戦に参戦し、実戦を通じてじわじわと力をつけた。7月に2軍公式戦と平行して行われたアマチュアとの2軍交流戦で優勝、さらに公式戦でも、元阪神の林威助監督率いる中信ブラザーズ2軍とのデッドヒートを制して優勝。さらに、その中信との2軍チャンピオンシップも3勝1敗で制して、中信の5連覇の夢を打ち砕いた。

 打者では2019年のドラフト1位、20歳の4番・劉基鴻が打率.343(3位)15本塁打(3位)75打点(1位)をマークし、左の強打者である黄柏豪が打率.342(4位)16本塁打(1位)73打点(2位)と、リーグ上位の成績を残した。86試合でチーム本塁打数は5チーム中4位の78本だが、盗塁はリーグ1位の147盗塁、盗塁ランキングトップ10に5人と足が使える選手が多い点は魅力だ。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」