野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

2年連続最下位、今季のオリックスを振り返る 吉田正が首位打者も…【野手編】

昨季まで打線を支えたロメロが楽天に移籍し、新たにメジャーリーグからジョーンズを迎え入れた今季の野手陣。しかし、レギュラー陣の不振や故障が相次ぎ、吉田正尚外野手が中心に座りながら、得点数はリーグ最少の442に終わった。なかなか先発メンバーを固定できなかったが、若手選手が台頭するなど収穫もあった。オリックス・バファローズのシーズンレビュー後編は、打者に注目して2020年シーズンを振り返っていく。

オリックスシーズンレビュー2020【画像:パーソル パ・リーグTV】
オリックスシーズンレビュー2020【画像:パーソル パ・リーグTV】

大黒柱・吉田正尚が初タイトル、浪速の轟砲は3年ぶりの規定打席到達

 昨季まで打線を支えたロメロが楽天に移籍し、新たにメジャーリーグからジョーンズを迎え入れた今季の野手陣。しかし、レギュラー陣の不振や故障が相次ぎ、吉田正尚外野手が中心に座りながら、得点数はリーグ最少の442に終わった。なかなか先発メンバーを固定できなかったが、若手選手が台頭するなど収穫もあった。オリックス・バファローズのシーズンレビュー後編は、打者に注目して2020年シーズンを振り返っていく。

【PR】移動の多い斉藤和巳氏がDAZN(ダゾーン)を活用するワケ 「文字だけでは…」

 昨季同様に期待打席到達は2人と、今季もなかなかメンバーを固定できなかったオリックス。その中で、シーズンを通して打線を支えたのは吉田正とT-岡田外野手だった。

 プロ入り当初のケガに悩まされていた姿など今は昔、3年連続で全試合出場を果たして自身初の打撃タイトル首位打者を獲得した吉田正。平成生まれとしては史上初となる打率.350を記録した今季、特筆したいのは三振の少なさだ。

 パ・リーグの規定打席到達者で最も少ない29個(492打席)という数字は、次点がソフトバンクの中村晃の47個(413打席)ということを踏まえるとよりそのすごさが伝わってくる。一方で、6、7月に7本塁打を記録しながら8月以降はその数がなかなか伸びず。シーズンで14本塁打に終わり、3年連続20本塁打とはならなかった。まだまだ伸びしろを残す稀代のスラッガーは、令和初の3冠王に向け止まることなく歩みを続ける。

 T-岡田は3年ぶりに規定打席到達を果たした。20試合に出場して打率.120、本塁打はわずか1本に終わった昨季オフ、プエルトリコのウインターリーグに参戦して転機を求めた。今季は開幕戦に2017年以来となる1番で名を連ねると、猫の目のように変わり続けるスタメンの中でさまざまな打順を任され、最終的には1~9番すべてで先発出場するシーズンとなった。

 3年ぶりの規定打席到達、2年ぶりの2桁本塁打、さらには昨季ゼロだった盗塁は5個を記録するなど、さまざまな形で復活に向けたステップを着実に踏み続けた。かつての本塁打王が新たな姿を示した今季、復活した浪速の轟砲が再びチームを上位進出へ導く。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」