アピールプレー【意外と知らない野球用語】

アピールプレー

 守備側が攻撃の反則をアピールすることでアウトになるプレーのこと。以下の例などが該当する。

○塁を空過した時
タッチアップが早かった時
○一塁をオーバーランした後、すぐに戻らなかった時(代走が出た際、一塁に帰塁せずベンチに帰った場合など)
○本塁の踏み忘れ
○打順の間違い
ハーフスイング

 これらのプレーは守備側がアピールをし、審判が反則と判断すれば、アウトもしくはスイングになる。アピールは次の打者に投球する前、イニング交代時は、守備側の選手がフェアゾーンから出る前にしなければならないというルールがある。

「野球用語辞典」トップへ戻る

PREV

前の記事

NEXT

次の記事

RECOMMEND

RELATED