野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

2年目ドラ1石川昂は「外野も」 中日・与田監督が描く青写真「トライしてほしい」

1月末、中日・与田剛監督が春季キャンプへの意気込みをCBCテレビ「サンデードラゴンズ」の取材カメラの前で語った。指揮を執って3年目。勝負をかけるシーズンを左右する重要な準備期間への思いを、放送されなかった部分も含めて紹介しよう。【CBCアナウンサー/若狭敬一】

中日・石川昂弥【写真:荒川祐史】
中日・石川昂弥【写真:荒川祐史】

R・マルティネスは五輪予選で離脱の可能性、代役候補に藤嶋の名前も

 1月末、中日・与田剛監督が春季キャンプへの意気込みをCBCテレビ「サンデードラゴンズ」の取材カメラの前で語った。指揮を執って3年目。勝負をかけるシーズンを左右する重要な準備期間への思いを、放送されなかった部分も含めて紹介しよう。【CBCアナウンサー/若狭敬一】

【PR】練習試合&オープン戦も徹底配信 プロ野球観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

「テーマはスピードアップです。まずは自分自身の色々な判断。それに対してスタッフも選手もいち早く反応してもらいたい。逆もそう。選手の反応から我々が答えを出さないといけない時もある。もちろん、動きのスピードアップも求めます。とにかく心身ともにスピードアップです」

 それに至った経緯とは。

「2年間の反省からです。監督としてもっと勝てる采配、準備をしなければいけなかった。それが一番の反省です。全ていい結果にはならないと承知していますが、自分としては万全ではなかった。今年はそれを1つでも減らして、1つでも勝ちに繋げていけるようにしないといけません」

 番組では解説者からの質問を紹介した。岩瀬仁紀氏はオリンピック予選で離脱する可能性があるライデル・マルティネス投手に代わる守護神候補を尋ねた。

「福(敬登)、祖父江(大輔)は去年の実績もあるので、クローザーに近い存在です。ただ、そうはさせないと、去年フォームを変えた鈴木博志がもう1回返り咲きたいと取り組んでいますし、新外国人の(ランディ・)ロサリオもランナーを背負ってからの間の取り方がうまいし、150キロ以上のストレートも投げます。スライダーやチェンジアップと変化球も多彩。リリースポイントが安定しているので、コントロールは大きく乱れないでしょう」

 藤嶋健人投手の名前も挙がった。

「彼のテンポの良さはすごく流れを引き寄せますし、打たれても平気な顔をしています。あれはね、僕、好きなんですよ。打たれても間がダラダラと悪くならず、ポンポンといいリズムで投げられる。性格的にもうまく切り替えられるのは大事だと思います。抑えは固定したいですね」

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」