野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

「監督として恥ずかしい」中日・与田監督が痛感する巨人との差と強化ポイント

与田剛監督がキャンプ直前に意気込みを語ったCBCテレビ「サンデードラゴンズ」のインタビューをまとめたコラムの後編。今回も放送されなかった部分も含めて紹介しよう。解説者の井端弘和氏は2つの質問をしていた。まずは巨人、阪神とどう戦うかについてだ。【CBCアナウンサー/若狭敬一】

中日・与田剛監督【写真:荒川祐史】
中日・与田剛監督【写真:荒川祐史】

巨人との差は数字にも「何とか機動力を使って次の塁、次の塁に」

 与田剛監督がキャンプ直前に意気込みを語ったCBCテレビ「サンデードラゴンズ」のインタビューをまとめたコラムの後編。今回も放送されなかった部分も含めて紹介しよう。解説者の井端弘和氏は2つの質問をしていた。まずは巨人、阪神とどう戦うかについてだ。【CBCアナウンサー/若狭敬一】

【PR】練習試合&オープン戦も徹底配信 プロ野球観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

「もちろん、どの相手もそうですが、特に上位2チームと戦う上ではやはり走力です。去年はあまりにも走らなかった。盗塁の企図数が(両リーグで)11位。これは監督として恥ずかしいことです。ジャイアンツもタイガースも走ってきますし、逆に我々と戦う時に『あまり機動力を使わないな』と思われるだけで、もうマイナスです」

 広いバンテリンドームで、一発を量産するのは難しい。

「去年はうちの選手がもう少しでホームラン、フェンスのあと1、2メートルという当たりが多かった。結局、ホームランはジャイアンツの半分ほど。得点は約100点、ジャイアンツの方が多い。それを簡単に埋めるのは容易ではありませんが、何とか機動力を使って次の塁、次の塁に行こうと。もっと足を使わないと、上位には食い込めないと思います」

 足が武器と言えば、岡林勇希という若竜がいる。

「高卒2年目で初の1軍キャンプ。貪欲に取り組んでほしいです。『大島(洋平)さん、平田(良介)さん、どいてください』とレギュラーを奪うくらいの気持ちでね。コーチをどんどん引っ張って、独占するくらい図々しくやってもらいたい。機動力野球を目指す中で、彼にはすごく期待しています」

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」