野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

日本ハムファンの皆さんへ 有原航平、旅立ちの手記「6年間、僕が言えなかったこと」

日本ハムからポスティングシステムで大リーグのレンジャーズに移籍し、今日7日に渡米する有原航平投手が「Full-Count」を通じ、ファイターズファンへ感謝の手記を寄せた。早大から2014年ドラフト1位で4球団競合の末に入団。1年目に新人王、2年目に日本一、5年目に最多勝など6年間で60勝を挙げ、今オフに積年の夢だったメジャー移籍を実現させた。これまでメディアに多くを語らなかった男が「6年間、僕が言えなかったこと」として本音を打ち明けた。【構成=神原英彰】

メジャー移籍した大谷翔平がシーズンオフに家に来てくれて語ったこと

 そして、メジャーリーグには対戦したい選手がいます。大谷翔平です。

【PR】NPB公式戦をいつでも&どこでもお得に観戦 プロ野球観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 翔平とは入団から3年間、一緒にプレーしました。メジャーに移籍した1、2年目のオフは日本で一緒に食事をしていて、僕の家に来てくれました。メジャーについて聞くと「いやあ、いいっすよ」「めっちゃ、凄いです」と。あの翔平がそう言うからには、本当に凄い世界なんだろうと思い、「自分も……」という気持ちは膨らみました。ようやく、その舞台に立てる。しかも、同じ地区。打者・大谷と対戦できることを楽しみにしています。

 球団に初めてメジャーへの想いを伝えさせていただいたのは2019年オフの契約更改の席。率直に「メジャーで勝負したいです」と気持ちを話すと、吉村GMに「選手の夢は応援する。頑張れ」と言っていただきました。入団する時からアメリカに行きたい夢があることを知っていて、応援し続けてもらい、大卒6年目の年で行かせてもらえることを本当にありがたいと思うと同時に、その分、感謝を結果で示したいです。

 北海道からメジャーに渡るということは、ファイターズの代表として行くことでもあります。僕の投球、言動、そういうものがファイターズの評価につながる。それに恥じないようにということを一番に思っています。ファイターズの理念にもあり、僕が6年間で身につけ、成長することができた「諦めない」という精神をどんな状況でも持ち、戦い続けることを約束します。そして、ローテーションを1年間、守り抜きます。

 最後に。6年間、いろんなことに自由に挑戦させてもらい、日本一も経験させてもらいました。本当にファイターズの一員になれて良かったと思いますし、ファイターズじゃなかったら、今の自分は絶対にいなかったと言い切れます。その感謝を胸に、アメリカで頑張ってきたいと思います。

 では、行ってきます。皆さん、お元気で。

 2021年2月7日

 テキサス・レンジャーズ 有原航平

(Full-Count編集部)

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」