野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

日本ハムファンの皆さんへ 有原航平、旅立ちの手記「6年間、僕が言えなかったこと」

日本ハムからポスティングシステムで大リーグのレンジャーズに移籍し、今日7日に渡米する有原航平投手が「Full-Count」を通じ、ファイターズファンへ感謝の手記を寄せた。早大から2014年ドラフト1位で4球団競合の末に入団。1年目に新人王、2年目に日本一、5年目に最多勝など6年間で60勝を挙げ、今オフに積年の夢だったメジャー移籍を実現させた。これまでメディアに多くを語らなかった男が「6年間、僕が言えなかったこと」として本音を打ち明けた。【構成=神原英彰】

Full-Countに手記を寄せたレンジャーズ・有原航平【写真:荒川祐史】
Full-Countに手記を寄せたレンジャーズ・有原航平【写真:荒川祐史】

レンジャーズ合流へ今日渡米…メディアに多くを語らなかった男が初めて明かす本音

 日本ハムからポスティングシステムで大リーグのレンジャーズに移籍し、今日7日に渡米する有原航平投手が「Full-Count」を通じ、ファイターズファンへ感謝の手記を寄せた。早大から2014年ドラフト1位で4球団競合の末に入団。1年目に新人王、2年目に日本一、5年目に最多勝など6年間で60勝を挙げ、今オフに積年の夢だったメジャー移籍を実現させた。これまでメディアに多くを語らなかった男が「6年間、僕が言えなかったこと」として本音を打ち明けた。【構成=神原英彰】

【PR】練習試合&オープン戦も徹底配信 プロ野球観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 ◇ ◇ ◇

 ファイターズファンの皆さんへ

 今日、僕はアメリカに旅立ちます。11月26日にポスティング申請をさせていただき、12月20日に渡米。レンジャーズに移籍先が決まり、1月10日の日本ハム退団会見を経て今に至るまで、あっという間でした。心の中にあるのは、不安よりもずっと大きな楽しみ。本当にわくわくしています。

 この6年間、インタビューなどであまり口数多く話すことがありませんでした。それは恥ずかしさもありますし、プロ野球選手として発信し、注目されるのは野球だけに留めたいという想いもありました。その分、ここでは「6年間、僕が言えなかったこと」を本音でお伝えしたいと思います。

 2014年10月23日。この日は忘れられない日になりました。ドラフト会議です。

 4球団も指名をいただき、大変高い評価をしてもらいました。そして、抽選で引き当てたのはファイターズ。これは初めて言うのですが、ファイターズに一番行きたかったので、本当に嬉しかったです。その瞬間は、早稲田の寮でチームメートたちが一緒に祈ってくれて、津田球団社長(当時)が引いてくれた。「ヨッシャー!」と喜んだことを覚えていますし、入団後も津田球団社長には球場で会うたびにお礼を言っていたくらいです。

 日本ハムに行きたかった理由は、自分が一番成長できる環境があると思ったから。若い投手が多く、やりたいことに自由に挑戦できる。型にハマることは好きなタイプではなかったので、この球団でプレーしたいと思いました。6年経った今、日本ハムに入って本当に良かったと思います。

 22歳で入団し、もう28歳に。振り返ると、本当に早かったです。1年目は右肘の怪我からスタートしながら新人王をいただき、2年目に日本一。この年がやはり印象に残っています(9月21日の首位攻防ソフトバンク戦の9回、陽岱鋼さんのスーパーキャッチ。あれは感動しました!)。3年目に初めての開幕投手、4年目は抑えを経験、5年目は最多勝を獲得することができました。そして、コロナ禍で戦った6年目まで。

 その中で、一番大きな出会いを挙げるとするなら、吉井理人投手コーチです。2年目の2016年に就任され、3年間、お世話になりました。

 1年目の僕は余裕がなく、考えていたのは「とにかく強い球を投げる」だけ。吉井さんと出会って配球を含め、意識が変わりました。良い日も悪い日も、登板翌日にロッカーで個別に15分の反省会。一番言われたのは「自分でコントロールできないことを気にしても仕方ない」ということ。

 当時は微妙な判定があると気持ちに出てしまう弱さがあり、「それは絶対にやめよう、良いことは一つもない」と口酸っぱく言われました。勝った試合でも「ちょっと出てたな。もうちょいやな」、負けた試合でも「昨日はできてた。良かったぞ」と精神的に未熟だった自分を見放さず、常に向き合ってくれました。2019年にロッテに移っても、挨拶に行くと「ようやっとるな」「顔に出なくなったな」と気にかけてもらい、感謝しています。

 6年間で苦しかった時期もあります。一番は2017年。その前年、2年目で日本一になり、自分もイケると手応えを掴んだ矢先、開幕投手をさせてもらってから1か月、全く勝てませんでした。その時も助けてもらったのが、吉井さんです。

 開幕2度目の先発だった4月8日のオリックス戦。僕は12安打8失点で試合を壊してしまいました。しかし、試合中に吉井さんから「今日は最後まで行こうか」と言われ、完投しました。これだけ点を取られてしまい、代えられるだろうと覚悟していたので驚きました。後日、その理由について「あそこで代えても得るものはない。投手が頑張っている姿を見せろ。周りの選手は見ているぞと伝えたかった」と言われ、心に響きました。

 どんな状況でも粘り強く投げていたら、野手もなんとかしようと思ってくれる。そういう自分のピッチングを見ている。もし打てなくても、次の試合でカバーしようとしてくれる。それをきっかけに勝ち負けを考えすぎることなく、とにかく自分にできることをしようと意識を変えました。今になってみると、1年目はまだまだ子供でした。ピンチになってイライラして大量失点していたこともあります。

 技術や配球もそうですが、投手として大きく成長させてくれたのが、吉井さんとの反省会だったと思います。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」