野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

年間60万円を最大6人に給付… ポニーが新設した「奨学金制度」に込めた想い

「プロ野球選手になりたい」「メジャーリーガーになりたい」と目標を掲げ、実現させようとチャレンジし続ける子どもたちがいる。だが、現実に目を向けると、経済的理由からチャレンジを断念せざるを得ない子どもたちは少なくない。野球を離れてもなお、社会に有益な人材を送り出したいと願う日本ポニーベースボール協会(以下、ポニー)は昨年12月、「SUPER PONY ACTION パート2」を発表し、年間総額360万円に及ぶ「給付型奨学金制度」を新設した。

ポニーは年間総額360万円に及ぶ「給付型奨学金制度」を新設
ポニーは年間総額360万円に及ぶ「給付型奨学金制度」を新設

挑戦する子どもたちを経済的に応援、3種類の給付型奨学金を用意

「プロ野球選手になりたい」「メジャーリーガーになりたい」と目標を掲げ、実現させようとチャレンジし続ける子どもたちがいる。だが、現実に目を向けると、経済的理由からチャレンジを断念せざるを得ない子どもたちは少なくない。野球を離れてもなお、社会に有益な人材を送り出したいと願う日本ポニーベースボール協会(以下、ポニー)は昨年12月、「SUPER PONY ACTION パート2」を発表し、年間総額360万円に及ぶ「給付型奨学金制度」を新設した。

少年野球の保護者、指導者の疑問も取材中 解決方法は「Full-Count ROOTS」へ

 ポニー(PONY)の基本理念でもある「Protect Our Nation’s Youth(国の宝である青少年の成長を守る)」の下、夢を追う子どもたちを最大限にサポートしたいと願い、独自の奨学金制度を導入することになった。社会の国際化が進む中、野球界でも早くから国境を越え、海外へチャレンジする選手が出てきた。同時に、国内でも独立リーグやクラブチームからNPB入りを目指す人材は多い。そこでポニーでは「チャレンジングマインド」を持つ子どもたちを経済的に応援しようと、3種類の給付型奨学金を用意した。

1、夢果てるまで 給付型奨学金
野球の本場であり、ポニーが本部を置くアメリカでメジャー球団や独立リーグに挑戦する選手を支援対象とし、毎年2人まで、1人あたり年間60万円を給付する。

2、目指せNPB 給付型奨学金
国内の独立リーグやクラブチームからNPB入りを目指して奮闘する選手を支援対象とし、毎年2人まで、1人あたり年間60万円を給付する。

3、韓俊グローバル人材育成 給付型奨学金
アメリカの本部を中心に世界40以上の国と地域にネットワークを持つポニーならではの繋がりを活用し、文武両道を目指すため海外留学したいと願う選手を支援対象とする。中学、高校、大学と、どの年代からでも海外留学に挑戦しようという選手を毎年2人まで、1人あたり年間60万円を給付する。

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」