野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

“野茂効果”を実感したダルビッシュ 新たな環境に吹く3つの追い風

パドレスのダルビッシュ有投手が2日(日本時間3日)、実戦形式の投球練習「ライブBP」に登板。2回を想定し、対峙した7人の打者に29球を投げ、1安打無失点2奪三振と順調な調整ぶりを見せた。速球の最速は96マイル(約155キロ)。カッター、スライダー、ナックルカーブなどの変化球も切れ、球団アドバイザーの野茂英雄氏からの助言を得て多投したスプリットは「落ち幅は去年までとはかなり違います」と手応えを口にした。2月25日(同26日)に続く2度目の実戦登板は実り多いものとなった。

パドレス・ダルビッシュ有【写真:Getty Images】
パドレス・ダルビッシュ有【写真:Getty Images】

2度目のライブBPで7人に1安打2奪三振、最速155キロをマーク

 パドレスのダルビッシュ有投手が2日(日本時間3日)、実戦形式の投球練習「ライブBP」に登板。2回を想定し、対峙した7人の打者に29球を投げ、1安打無失点2奪三振と順調な調整ぶりを見せた。速球の最速は96マイル(約155キロ)。カッター、スライダー、ナックルカーブなどの変化球も切れ、球団アドバイザーの野茂英雄氏からの助言を得て多投したスプリットは「落ち幅は去年までとはかなり違います」と手応えを口にした。2月25日(同26日)に続く2度目の実戦登板は実り多いものとなった。

【PR】NPB公式戦をいつでも&どこでもお得に観戦 プロ野球観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 前回2月25日(同26日)の実戦形式登板から4日を空けて臨んだ投球は、速球も変化球も「この時期にしてはいい」と好感触を得た。「最後は本当によかった」と声を弾ませた速球は96マイル(約155キロ)を計測。一番のテーマにしたのは、球団アドバイザーを務める野茂英雄氏から幾つものアドバイスを受けてきたスプリット。計測器による前回のデータがカッターと同程度の落ち幅を示したことを踏まえ「落ち方としては、多分、(昨年より)相当変わっていると思います」と“野茂効果”を実感している。

 ナックルカーブはオフに採り入れた体の使い方を反映させた。

「上からテニスのサーブのような感じで投げるように今日はしてました」

 強い回転をかけカーブの縦割れをさらに鋭くするための足の使い方と腕の振りは、上げたボールをラケットで振り下ろすテニスのサーブからヒントを得た。昨季記録した93個の三振のうち、10個を奪ったナックルカーブに新たな工夫を凝らす。

 ダルビッシュは「バッターの反応を見る限りはまったく問題はないかなと思います」とこの日の投球を総括。順調な仕上がりに満足感を漂わせた。

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」