野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

衝撃的だった“ロッテ澤村拓一”の「幕張剛腕伝説」 嵐の如く過ぎた日々を振り返る

澤村拓一投手は日本時間2月17日、海外フリーエージェント(FA)権を行使してボストン・レッドソックスに移籍することを正式に発表した。澤村は昨年9月8日にロッテに移籍してから22試合に登板し、0勝2敗13ホールド1セーブ、防御率1.71をマーク。チームが苦しんだ終盤に救援陣の要となる活躍を見せ、「パーソル CS パ」進出に大きく貢献した。

レッドソックスに移籍した澤村拓一【画像:パーソル パ・リーグTV】
レッドソックスに移籍した澤村拓一【画像:パーソル パ・リーグTV】

9月8日のロッテで初登板、衝撃の3者三振デビュー

 澤村拓一投手は日本時間2月17日、海外フリーエージェント(FA)権を行使してボストン・レッドソックスに移籍することを正式に発表した。澤村は昨年9月8日にロッテに移籍してから22試合に登板し、0勝2敗13ホールド1セーブ、防御率1.71をマーク。チームが苦しんだ終盤に救援陣の要となる活躍を見せ、「パーソル CS パ」進出に大きく貢献した。

【PR】NPB公式戦をいつでも&どこでもお得に観戦 プロ野球観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

「パーソル パ・リーグTV」の公式Youtubeチャンネルでは「澤村拓一 『幕張豪腕伝説2020』《THE FEATURE PLAYER》」と題し、澤村を特集している。今回は動画とともに、パ・リーグに歴史を刻んでくれた右腕の活躍を振り返っていく。

 9月8日、入団会見を終えたばかりの澤村は日本ハム戦に登板した。1点リードの6回表、緊迫した場面でマウンドへ。ユニホームが間に合わなかったため福島明弘打撃投手の「106」番のユニホームを着用するほど急な出番となったが、動じなかった。

 先頭の渡邉諒内野手を空振り三振に仕留めると、巨人でチームメートだった大田泰示外野手に対してもボールを低めに集めて空振り三振を奪う。圧巻の投球に球場中がざわつく中、ビヤヌエバ内野手からも空振り三振を奪い、3者連続三振。パ・リーグファンに「澤村拓一」の名をとどろかせたデビュー戦となった。

 この試合を「パーソル パ・リーグTV」の公式Youtubeチャンネルでも「澤村拓一『名刺代わりの3者連続K』《THE FEATURE PLAYER》」として特集している。その後も快投を続けた澤村は移籍後8試合連続で無失点。巨人時代には3軍も経験した男が、新天地で文字通り”開花”した。

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」