野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

ソフトバンクが「e日本シリーズ」進出決定! CSファイナルでオリックスと激闘

2月28日、東京・銀座の配信スタジオ「esports 銀座 studio」で、「コカ・コーラ eクライマックスシリーズ」が行われた。2020年シーズン、初のリーグ優勝を決めたソフトバンクと2位・オリックス、3位・西武の3チームが、3月6日に行われる「e日本シリーズ」への出場権をかけてトーナメントを戦った。

e日本シリーズ進出を決めたソフトバンク【写真:Nippon Professional Baseball Konami Digital Entertainment】
e日本シリーズ進出を決めたソフトバンク【写真:Nippon Professional Baseball Konami Digital Entertainment】

鷹、オリ、西武が「SMBC e日本シリーズ」出場かけて対決

 2月28日、東京・銀座の配信スタジオ「esports 銀座 studio」で、「コカ・コーラ eクライマックスシリーズ」が行われた。2020年シーズン、初のリーグ優勝を決めたソフトバンクと2位・オリックス、3位・西武の3チームが、3月6日に行われる「e日本シリーズ」への出場権をかけてトーナメントを戦った。

【PR】NPB公式戦をいつでも&どこでもお得に観戦 プロ野球観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 ファーストステージ、ファイナルステージともに2勝先取の3ゲーム制。1勝1敗1分などで並んだ場合は、上位チームが進出する。試合はeペナントレースでの5イニングを1選手で戦うルールとは異なり、1選手が3イニングを担当。3人で9イニングをつなぎ、1試合を戦うチーム戦で行われた。なお、アドバンテージとして球場はすべて上位チームの本拠地で行われた。

ファイナル進出を決めたオリックス【写真:丹羽海凪】
ファイナル進出を決めたオリックス【写真:丹羽海凪】

 ファーストステージはオリックスと西武が、パ・リーグ王者のソフトバンクへの挑戦権をかけて対決。初戦はオリックス・藤本洋介選手が初回にいきなり吉田正尚外野手の2ランで先制し、さらに2回裏には吉田正の3ランなどで4点を挙げる。序盤から点差を広げたオリックスは、その後も高川悠選手、キャプテンの指宿聖也選手とつなぎ、8-0でライオンズ打線を完封。ファイナル進出へ大手をかけた。

 2戦目はオリックス・指宿選手と西武・町田和隆選手の両チームキャプテンが初回から激突。指宿選手は立ち上がりに4点を奪うも、直後の2回表に木村文紀外野手の3ランを許し、追い上げられる展開に。しかし3回裏に吉田正のソロ本塁打などで2点を追加して突き放すと、続く前田恭兵選手、高川選手と安定した守備を見せる2選手がリードを守りきり、6-4で勝利。2連勝のオリックスがファイナル進出を決めた。

西武のキャプテン・町田和隆選手【写真:丹羽海凪】
西武のキャプテン・町田和隆選手【写真:丹羽海凪】

 敗れた西武の町田選手は「要所で良いプレーはありましたが、オリックスのチーム力に力負けした形になったと思います。初戦の失点も、最悪(のケース)は回避できました。ただ、ヒットを打つことはできたのですが、点につながらず……。大量点を取ることにこだわりすぎました。1点ずつ返せれば良かったです」と悔しげに試合を振り返った。

 町田選手は今季、前年優勝したロッテから移籍。キャプテンとして日本一奪還を期待されてのシーズンだった。「昨季は自分がルーキーだったので、自分のプレーに集中させてもらっていました。今季はチームにルーキーの2人がいて、他の人のプレーも見ながらのシーズンになりました。その中で3勝できたのが良かったです」と語った。

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」