ソフトバンク最大の不安要素は? OB摂津正氏がリーグ連覇&5年連続日本一を占う

ソフトバンク・周東佑京(左)と柳田悠岐【写真:藤浦一都】
ソフトバンク・周東佑京(左)と柳田悠岐【写真:藤浦一都】

摂津氏が連覇のポイントに挙げるのは「1番・周東佑京」の固定

 3月26日に2021年のペナントレースが開幕を迎えるプロ野球。新型コロナウイルス感染症の影響による時短要請のため、今季は延長戦は行われず、9回打ち切り制となるなど、昨季に続き、コロナ禍の中で行われるシーズンとなる。そんな今季をソフトバンクで5年連続2桁勝利をマークするなど輝かしい実績を残し、2018年に現役を引退した野球解説者の摂津正氏に占ってもらった。

 摂津氏が優勝候補の本命に挙げたのは古巣のソフトバンク。「なんと言っても選手層が厚い。先発、中継ぎ、余っているくらい。シーズンに入って先発が足りなくなるのかもしれないけど、千賀や東浜が戻ってくるし、まあ盤石かな、と思います」と語る。

 では、ソフトバンクが2連覇を目指す上で、今季の戦いのポイントになりそうなのはどこか。摂津氏は「1番・周東佑京」がシーズンを通じて固定できるかどうか、を挙げる。

「今年、ホークスのポイントになると思うのは1、2番の固定、特に周東を固定できるかどうかだと思っています。去年もそうですが、周東が1番で固まってから連勝しましたよね。周東が打率は低くてもいいんで、出塁率を稼げたら……。後ろのバッターは揃っているし、安定して点数を取れるようになるのではないでしょうか。首脳陣も1番・周東は固定したいのでは、と思います」

周東が1番に固定できれば「他の打者は余計なことを考えなくて良くなる」

RECOMMEND

RELATED

CATEGORY