「意外と面白そう」なオリックス、優勝候補本命は… 元鷹・摂津正氏がパを占う

オリックス・山本由伸、ソフトバンク・柳田悠岐、楽天・田中将大(左から)【写真:荒川祐史、藤浦一都】
オリックス・山本由伸、ソフトバンク・柳田悠岐、楽天・田中将大(左から)【写真:荒川祐史、藤浦一都】

古巣のソフトバンクがV本命「とにかく選手層が厚い。磐石かなと思います」

 プロ野球は3月26日に2021年のペナントレースが開幕を迎える。新型コロナウイルス感染症の影響による時短要請のため、今季は延長戦は行われず、9回打ち切り制となるなど、昨季に続き、コロナ禍の中で行われるシーズンとなる。

 そんな今季を、ソフトバンクで5年連続2桁勝利をマークするなど輝かしい実績を残し、2018年に現役を引退した野球解説者の摂津正氏が展望。ソフトバンクが2年連続のリーグ優勝を目指す今季のパ・リーグを占ってもらった。

 摂津氏が今季のパ・リーグで優勝候補の本命に推すのは、やはり古巣のソフトバンクだという。昨季3年ぶりにパ・リーグを制し、4年連続の日本一となった常勝軍団。今季もその強さに変わりは感じないようで「とにかく選手層が厚い。特に投手は先発、中継ぎと余っているくらいですから。シーズンに入って先発が足りなくなるとかはあるかもしれないが、そこには千賀や東浜が戻ってくる。磐石かなと思います」と言う。

 昨季からムーアや内川(ヤクルト)らが抜けたものの、摂津氏は「戦力は変わっていないですね」。まだ来日できていないものの、コリン・レイ投手と前日本ハムのニック・マルティネス投手を補強した。「ムーアが抜けて戦力ダウンかな、と思いつつも、前日本ハムのマルティネスを獲得した。それで足りない部分は埋められたのではないでしょうか」と分析する。

 ムーアとマルティネスには差があるようにも感じるが、摂津氏は「マルティネスが日本に来て1年目のような活躍ができれば、結構勝てるんじゃないか、という気がしています。マルティネスはいい投手です。最初に来日した時にボール見て、これは15勝くらい勝つんじゃないかと予想していたくらいです。怪我があって落ちているところがあるとはいえ、勝てる投手だと思います」と見ており「柳田が長期離脱をしなければ安泰だと思います」と優勝候補の筆頭に挙げた。

「ホークスに太刀打ちできそう」と摂津氏が2位に予想したのは…

RECOMMEND

RELATED

CATEGORY