女子野球は“130キロ”時代目前… あと2キロに迫る森若菜が球速にこだわる訳

エイジェック女子硬式野球部・森若菜【写真提供:NPBエンタープライズ】
エイジェック女子硬式野球部・森若菜【写真提供:NPBエンタープライズ】

エイジェック所属の22歳右腕が挑む「女子野球界最速135キロプロジェクト」

 日本女子野球界で前人未到の地を目指す人がいる。クラブチーム・エイジェック女子硬式野球部でプレーする森若菜だ。22歳の右腕が目指すのは、球速130キロの世界。日本の女子野球選手では、まだ誰も越えたことのない壁の向こうが見えるまで、あと一歩に迫っている。

 現在、日本で女子最速記録を持つのは、この春から西武ライオンズ・レディース入りする左腕・山田優理だ。尚美学園大2年だった2018年に129キロをマーク。実はこの少し前、128キロを叩き出していたのが、山田と同い年の森だった。

「山田投手が投げたのは球速が出にくいといわれる球場だったので、少し悔しい気持ちもありました。でも『ウワッ、ヤバイ! 抜かさなきゃ!』という気持ちが一番強かったですね」

 球速に対して持つこだわりは強い。「球速は私の中では1番、2番に来るような目標です」と力強く言い切る。山田に抜かされて以来、130キロを目標に掲げてきたが、最近になって目標を少し変えてみた。

「私が目指すのは『常時130キロを投げられるピッチャー』なので、130キロを目標にすると『出た、やったー!』で終わってしまう。だから、目標を5キロ上げて135キロにしました」

 女子プロ野球を経て昨年から所属するエイジェックでは、広橋公寿監督やコーチ、トレーナー陣の協力の下、「女子野球界最速135キロプロジェクト」を立ち上げ、目標を達成できるように体の使い方から徹底的にアプローチ。冬のオフシーズンには、肩関節や股関節の柔軟性や体幹などを意識した特別メニューに取り組んだ。

 その甲斐もあり、まだ寒さが残る2月、3月に行われた練習試合ではネット裏のスピードガンで125キロを計測することも。「私の計画の中では、春までに125キロが出れば、夏に向けて暖かくなるにつれて体の可動域も広がって、もうちょっと球速が伸びるんじゃないかと」と、青写真に描いた通り、順調にステップを踏んでいる。

 なぜ球速にこだわるのか。それは、自分自身はもちろん、女子野球が持つ可能性に限界を設けたくないからだ。

「いずれは140キロを目指したいと思っています。高い目標ですが、それは絶対に無理だろうとはならずに、女の子でも男の子のようなパワーで投げたり、スピードを出せたりする可能性はあるはず。男子のプロ野球選手に負けないような女子野球選手がいるぞ、となったら面白い。130キロを1球でも投げれば、日本で一番速い女子選手は森だ、となる。130キロに近い球を投げ続けていれば、女子でもいつかは出ると思ってくれる人も増えるので、私が一番先に130キロを出したい。というか、出します!(笑)」

観客が「どこから見ても『これは速い!』というボールを投げたい」

RECOMMEND

RELATED

CATEGORY