大谷一問一答 右手中指マメ潰すも… 開幕へGOサイン「タイミング的に良かった」

ドジャース戦に先発も3回途中7失点で降板したエンゼルス・大谷翔平【写真:AP】
ドジャース戦に先発も3回途中7失点で降板したエンゼルス・大谷翔平【写真:AP】

ドジャース戦で右手中指マメを潰して3回途中7失点「次回は大丈夫かなと思います」

■ドジャース 10-2 エンゼルス(オープン戦・日本時間30日・ロサンゼルス)

 エンゼルス・大谷翔平投手は29日(日本時間30日)、ドジャースとのオープン戦で「2番・投手」で先発出場した。初回の第1打席は見逃し三振。投球ではフォーシームの制球が荒れて、2回1/3で3奪三振5四球4安打7失点した。7失点はNPB時代を含めて自己ワーストタイ。防御率12.19となった。最速は99.4マイル(約160.0キロ)。

 大荒れの投球となった。初回1死から3四球などで2死満塁のピンチを招き、フォーシームを引っ掛けて暴投。先取点を献上した。2回無死一塁からテイラーに甘く入ったスライダーを左越え2ラン。シーガーには3ボールから左越えソロを浴びた。3回はスミスに右越え3ランを被弾。63球のうちストライク31球とコントロールが安定しなかった。7失点は2018年3月16日のロッキーズとのオープン戦以来、自己ワーストタイだった。

 バットでは初回1死、左腕ウリアスに見逃し三振。オープン戦打率.552となった。登板後の会見で、大谷は登板中に右手中指マメを潰したことを明かした上で軽傷を強調。メジャー4年目のキャンプを総括し、今季初登板となる4日(同5日)の本拠地・ホワイトソックス戦への意気込みも口にした。

――いつからマメは気になったか。
「気になる? この間の登板で出来たマメなので。マメ自体は最初からありましたけど、ボールを投げる、球数を投げることを優先していきました」

――次回登板への影響は。
「大丈夫かなと思います。むしろ剥けてくれたので。ここから1週間しっかり投げて、強くできればいいんじゃないかと思うので。(投手としての)開幕戦で剥けるよりは今日剥けてしまった方が良かったのかなと。おそらく剥けるだろうなと思ってましたけど、球数をしっかり投げる方がいいかなと思っていきました」

――99マイルまで出た。マメ以外の体は。
「体自体は大丈夫ですね。ただ、かばって投げる分、引っ掛けたりとか抜けたりとか、いろいろあったので。そこが1つかなとは思いますね」

――制球が乱れたのはマメの影響か。
「もちろん、そういう時もあるので、そういう時にしっかり投げる技術かなと思うんですけど、比較的にカーブとか人差し指で投げる球の制球は良かったので。少なからずあるのかなと思います」

投打でキャンプ完走「お客さんも入って新鮮な感じ。いいキャンプだったなと思っています」

RECOMMEND

RELATED

CATEGORY