ミスを怒ったら“イエローカード”も… ミズノが支援する少年少女野球大会の理念

ミスを怒ったら“イエローカード”も… ミズノが支援する少年少女野球大会の理念とは【写真提供:ミズノ株式会社】
ミスを怒ったら“イエローカード”も… ミズノが支援する少年少女野球大会の理念とは【写真提供:ミズノ株式会社】

体操服、運動靴でもOK! 大会理念には5つの約束事

 怒声、罵声が飛び交う野球の時代はもう終わりにしたい。スポーツメーカー大手のミズノが新たな取り組みを発表し、話題になっている。小学生を対象にした軟式の全国野球大会「MIZUNO BASEBALL DREAM CUP Jr. Tournament2021 Supported by Brand Ambassador」を開催。野球を楽しむことを理念に掲げ、“ミスを怒らず、みんなで助け合う”野球大会を目指していく。一線を画した規定を定めた背景には「野球界を変えていきたい」という同社の思いがあった。

 これまで多くの野球大会を協賛企業として支援してきたミズノが、主催側となってビッグイベントを手掛ける。子どもたちへの“参加条件”は従来の概念を覆す要綱がいくつも含まれていた。

 まずは大会理念に目を奪われる。

「みんな笑顔で楽しもう ミスを怒らず、みんなで助け合う野球大会」と記されている。また5つの約束事として、以下の言葉がある。

1.元気いっぱいプレーしよう!

2.気軽に参加しよう! 体操服・運動靴でもOK

3.みんなが主役! 1人でも多くの選手が試合に出よう

4.みんなでこの大会を盛り上げよう

5.失敗した時こそ、励ましあおう

 登録選手の上限をなくし、交代した選手が再出場可能なリエントリー制度の採用、不揃いのユニホームでの参加もOKだ。ヘルメットや捕手の防具がない場合はミズノが貸し出すという。

 担当のミズノ株式会社ダイアモンドスポーツ事業部の古谷幸平さんによると、「参加へのハードルを極力下げたい」という思いが根底にあった。

「ユニホームを買って揃える必要もありませんし、野球のプレーが未経験、馴染みのない子どもたちにも参加してほしいです」。グラブやバットを持っていない子にはミズノが道具を貸し出す。運動靴での参加も問題ない。とにかく、プレーする楽しさを知ってもらうことが一番の目的だ。

 同社では昨夏からこのプロジェクトが始動。コロナ対策も考えながら、会議を重ねてきた。古谷さんも中学時代は兵庫のシニアでプレーしてきた経験者でもあるため、最近の野球人口の低下を憂い、野球界で浮き彫りとなっている問題に目を向けた。

野球界にはまだそんな慣習があるの? 子どもたちに楽しい野球を届けたい

RECOMMEND

RELATED

CATEGORY