大谷一問一答 1072日ぶり復活星も制球力は辛口「5点」 28日の打者出場意欲

会見に臨んだエンゼルス・大谷翔平(画像はスクリーンショット)
会見に臨んだエンゼルス・大谷翔平(画像はスクリーンショット)

2安打2打点3得点と投打で躍動も初回4失点を反省「そんなに手放しでは喜べない」

■エンゼルス 9ー4 レンジャーズ(日本時間27日・テキサス)

 エンゼルスの大谷翔平投手は26日(日本時間27日)、敵地のレンジャーズ戦で「2番・投手」で先発した。指名打者制を解除した投打同時出場は22日ぶりメジャー2度目。初回に4失点したものの、5回9奪三振3安打4失点に抑えて今季初勝利を挙げた。防御率3.29。打撃では2回に右翼線2点二塁打を放つと、6回のバント安打で今季7度目のマルチ安打。3打数2安打2打点3得点で打率.300となった。投打で躍動し、チームの逆転勝ちに貢献した。

――3年ぶりの勝ち星。満足感はあるか。
「野手の人が打ってくれたので、チームとしては大きい。個人的には初回のことがある。そんなに手放しでは喜べないかなと思います」

――マドン監督のもとで投打で「制限なし」でプレーしている。
「今まではある程度、登板前日が休みだったりとか決まっていたので。こういう風になるのは初めてですけど、自分がどれだけチームに利益をもたらせるかどうかを毎試合毎試合、自分としては見せないといけないので。そういう気持ちで毎試合やりたいなと思います」

――初回4失点したが、2回から立ち直った。
「自分自身で点を取ったのはすごく大きなことでないかと思う。あの回で同点になって振り出しに戻って、気持ちを切り替えることが出来たのかなと思います」

――バント安打もあった。
「向こうの中継ぎ投手が素晴らしくて、なかなかこっちもリズムつかめなかった。ああいう時はきれいなヒットというよりも、虚を突くようなヒットの方が効果的でないかと思いました」

――マドン監督が会見で「マメが出来た」と言っていた。
「心配はないです。スプリットの方のマメでかなり小さい。僕としては、もう1イニングいけるかなと思いつつですけど、そこは中継ぎのみんながいるので交代になりました」

28日のレンジャーズ戦での打者出場に意欲「個人的には」

RECOMMEND

RELATED

CATEGORY