掛布雅之氏がトクサンに明かす 甲子園を舞台に草野球大会をプロデュースした理由

DAZNオリジナルコンテンツ「野球トレンド研究所」に掛布雅之氏が登場【写真:編集部】
DAZNオリジナルコンテンツ「野球トレンド研究所」に掛布雅之氏が登場【写真:編集部】

ミスタータイガースが現役草野球選手のトクサンに語る熱い想い

 野球YouTubeチャンネル「トクサンTV」は、2016年8月のスタート以来、今や登録者数62万5000人を超える大人気チャンネルとして知られる。野球少年少女からプロ野球選手まで知らない人はいないメインパーソナリティのトクサンは、強豪・帝京高校で白球を追い、3年夏には控え遊撃手として甲子園に出場。その後、NPBのドラフト候補として名前が挙がった実力者でもある。また、野球に関する豊富な知識と分かりやすい解説には定評があり、今年3月からはスポーツ・チャンネル「DAZN(ダゾーン)」で新番組「野球トレンド研究所」をスタートさせた。

 現在も草野球チーム「天晴」の中心メンバーとして活躍するトクサンが今、「ありがとう」を伝えたい人物がいる。それが今年、草野球大会「第1回掛布塾CUP」を立ち上げた“ミスタータイガース”こと掛布雅之氏だ。この度、対談機会を得た2人が花を咲かせた話題は、もちろん「草野球」。それぞれが草野球に寄せる熱い想いをぶつけあった。

掛布氏「トクサン、草野球の競技人口ってすごいんでしょ?」

トクサン「すごく多いです。野球のカテゴリーでは一番多いと思います」

掛布氏「そうなんだよね。それでね、僕は草野球に熱中する方たちが、何か忘れ物をしてきているんじゃないかと思うんですよ」

トクサン「忘れ物ですか」

掛布氏「プロ野球に憧れたり、甲子園出場を目指したり。でも、夢破れて野球を終えた人たちが、また草野球を始める。草野球をすることで、何かやり残していることを感じているのかなって思うんです。だから、僕は球団(阪神)に無理を言って、草野球大会の決勝の場として、甲子園という舞台を1日貸していただきました。草野球の方たちに、忘れ物を取りに来てもらいたいの。甲子園であなたの忘れ物が見つかる。そういう舞台を作ってあげたいと思ったんです」

トクサン「そういう舞台を掛布さんに用意していただけるなんて、すっごくうれしいです!」

【PR】野球の楽しさを深掘り「野球トレンド研究所」は毎週月曜6時配信 プロ野球観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

掛布氏「実は僕、何も言わずに予選会場に観に行くことがあるの(笑)」

RECOMMEND

RELATED

CATEGORY