連続被弾レアードに「ボール球4つ内角に投げろ」 鷹・工藤監督が出した“指令”のワケ

ソフトバンク・武田翔太【写真:藤浦一都】
ソフトバンク・武田翔太【写真:藤浦一都】

3ボールから相次いで先制打、ソロ本塁打を浴びた武田と甲斐のバッテリー

■ロッテ 4ー1 ソフトバンク(11日・PayPayドーム)

 11日に本拠地・PayPayドームで行われたロッテ戦に4-1で敗れたソフトバンク。2015年以来6年ぶりとなる6カード連続勝ち越しなしとなり、3位に転落した。主力の離脱者が続出する中で、苦しい戦いからなかなか抜け出せないでいる。

 先発の武田は初回に1点を失うと、2回にもレアードに一発を浴びるなど2失点。4回には再びレアードに一発を食らった。7回まで投げて7安打4失点と粘ったものの、打線が沈黙し序盤の失点が響く形に。試合後の工藤公康監督も「打たれることもあるんですけど、ツーアウトから打たれる、(2回の)ワンアウトから送られてタイムリーというは自分の中でも屈辱に思わないといけないですよね」と右腕に厳しかった。

 指揮官がまず指摘したのは初回だ。先頭の荻野が内野安打で出塁。2死二塁で4番の安田には左前適時打を許した。3ボールからの4球目。ストライクを取りに行ったストレートを弾き返された。2回には先頭のレアードに再びノースリーからカウントを整えにいったスライダーを弾き返されてソロ本塁打を浴びた。

「ボールから入りたいと高めに構えていて、そこから絶対に下にはいってはいけない」

RECOMMEND

RELATED

CATEGORY