リリーフエースが完封 名城大150kmサイド右腕の巧みな投球術に監督脱帽

先発した名城大・松本凌人【写真:小林靖】
先発した名城大・松本凌人【写真:小林靖】

リーグ戦では主に中継ぎでMVP、監督も「松本に尽きる」と絶賛

 第70回全日本大学野球選手権が7日、神宮球場と東京ドームで開幕した。15年ぶり出場の名城大は、初出場の沖縄大に1-0で勝利。2年生のサイド右腕・松本凌人投手が3安打9奪三振で完封した。

 常に冷静だった。球数をかけず、ストライク先行で打たせて取る投球を徹底。右打者の内角をえぐる最速150キロの直球と、外に逃げるカットボールで打者を翻弄した。最終回に四球を1つ与えたものの、球威は衰えず。27アウトのうち、フライはわずか2つ。15個のゴロと9個の三振を奪った。

 終わってみれば、チームは“スミ1”での初戦突破。四球で出塁した2番・小林大介外野手(3年)が、盗塁と相手ミスで無安打で本塁を踏んだ虎の子の1点を守り切った。

「松本に尽きる」

神戸国際大付時代にサイドスローに転向して頭角

RECOMMEND

RELATED

CATEGORY